大学院
HOME 大学院 木材保存学特論
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

木材保存学特論

木材保存学特論
木材の耐久性と劣化に関する基礎ならびに応用の学修
木材を長期的に建築物ならびに外構施設として利用していくためには、木材性能の維持保存について正しい知識を持つ必要がある。本講義では、光,熱,シロアリ,さらに微生物による木材の劣化に関する基礎についてまず学び,その上でこれらの原因よる劣化から木材を守る方策に関する応用学についても学ぶことを目的とする。各専門の5名の外部専門講師により幅広く解説する。また,可能であれば関連する研究ならびに業務の現場視察も併せて行う。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3907155
GAG-BM6B12L2
木材保存学特論
五十嵐 圭日子
S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
農学生命科学研究科
授業計画
本講義は、夏季プログラム(SP)期間を利用して、7月14日(水)から7月16日(金)まで集中講義として行う。 (講義内容とスケジュール) 7月14日(水)  9:00-12:00 木材利用と木材保存に関する全体概論、木材腐朽の科学:五十嵐  13:00-16:00 木材の気象劣化と耐候性能の向上:片岡 7月15日(木)  9:00-12:00 石川  13:00-16:00 木材・木質構造の防腐・防蟻・メンテナンス:桃原 7月16日(金)  9:00-12:00 木造建築と木材の耐火性能:原田  13:00-16:00 シロアリの科学と防蟻対策:大村
授業の方法
木材保存学に関する各分野を専門とする7名の講師によるオムニバス講義として実施する。
成績評価方法
授業への出席とレポート提出により評価する。
教科書
講義資料については、毎回、担当教員から配布される。
参考書
木材保存学入門 改訂3版 (社)日本木材保存協会,ISBN 97849901
履修上の注意
オンライン講義のアドレス等は、講義が近づいたらUTASもしくはITC-LMSで通知する。
その他
(2019年度担当非常勤講師) 石川敦子  ((研)森林研究・整備機構 森林総合研究所) 大村 和香子((研)森林研究・整備機構 森林総合研究所) 片岡 厚  ((研)森林研究・整備機構 森林総合研究所) 原田 寿郎 ((研)森林研究・整備機構 森林総合研究所) 桃原 郁夫 ((研)森林研究・整備機構 森林総合研究所)