大学院
HOME 大学院 量子物理学

量子物理学

物性物理学、特に量子多体系の取り扱いやトポロジカル物性について、基礎的な事項から最先端の話題までを網羅する
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3752-083
GEN-AP5214L2
量子物理学
渡辺 悠樹
S1 S2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工6号館 工64号講義室
講義使用言語
日本語、英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学系研究科
授業計画
前半(渡邉 担当分) 1. 量子多体系の摂動論の基礎   1.1 第二量子化・強束縛模型の解法   1.2 グリーン関数法・ダイアグラム法 2. 非摂動的結果の紹介   2.1 Lieb-Schultz-Mattis定理の基礎と最近の進展   2.2 対称性とその自発的破れ・低エネルギー有効理論と南部・ゴールドストーン励起   2.3 空間群の表現とバンドトポロジーの関係 後半(江澤 担当分) 1. Majorana fermions and topological quantum computations   1.1 Fermions and two Majorana fermions   1.2 Artin braid group   1.3 Three Majorana fermions, quaternion group and Pauli matrices   1.4 Four Majorana fermions and braiding   1.5 Non-Abelian anyon, ising anyon and fusion rule 2. Majorana fermions and topological superconductors   2.1 Particle-hole symmetry   2.2 Bogoliubov-de Gennes equation   2.3 Kitaev p-wave superconductor model   2.4 p+ip-wave topological superconductor model   2.5 He^3 B phase: topological superfluid 3. Topological insulators   3.1 Time-reversal symmetry   3.2 Kramers theorem   3.3 Z2 index   3.4 Bernevig-Hughes-Zhang model   3.5 Higher-order topological insulators   3.6 Non-Hermitian topological insulators
成績評価方法
レポートによりおこなう。
履修上の注意
基礎を固める(工学部共通)
その他
前提となる知識と項目:量子力学 事前履修:量子力学第三,量子力学第二 平行履修:統計物理学