大学院
HOME 大学院 現象数理モデル論
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

現象数理モデル論

工学において現れる様々な複雑な現象を、主に確率的手法によってモデル化し理論的に取り扱う方法について学ぶ。
Master stochastic modeling and theoretical analysis on complex systems in engineering.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3734-076
現象数理モデル論
栁澤 大地
S1 S2
水曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学系研究科
授業計画
数理モデル (Mathematical Model) 確率過程 (Stochastic Process) 待ち行列理論 (Queueing Theory) セルオートマトン (Cellular Automaton) 非対称単純排他過程 (Asymmetric Simple Exclusion Process (ASEP)) 超離散法 (Ultra Discrete Method) 進化ゲーム理論 (Evolutionary Game Theory) 複雑ネットワーク (Complex Network) 交通流モデル (Traffic Flow Model)
授業の方法
開講日 4/5 本講義は Zoom を使って行います。 Zoom の URL を本講義の受講者以外がアクセスできるサイト等に書き込まないようにお願い致します。
成績評価方法
ITC-LMS のテスト機能を使ったクイズ (Quiz in ITC-LMS) レポート (Reports)
教科書
図解雑学 よくわかる渋滞学(西成活裕, ナツメ社)
履修上の注意
視野を広げる
その他
前提となる知識と項目:解析学(微積分) 線形代数 確率・統計 微分方程式 力学 熱力学 (全て基礎レベル)