大学院
HOME 大学院 工学コンピテンシーI -プロジェクト・ベースト・ラーニング-
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

工学コンピテンシーI -プロジェクト・ベースト・ラーニング-

産業界および学術界のイノベーションリーダーとなる基礎素養や専門知識に加え,リテラシー(コミュニケーション,マネージメント能力等)とコンピテンシー(リーダーシップ,強い責任感と使命感等)を涵養する.社会が求める「高い専門性と幅広い知識と応用力」を身につけることを目的とする.産業界との連携による講義.
The program aims to cultivate internationally competitive young researchers equipped with Literacy and Competency to become future leaders in industry and academia. This education program will foster human resources with multidisciplinary application skills, in addition to the in-depth research in specialized fields. Based on the social requirements, graduate school students require the ability to work in a broader spectrum and apply one’s skills to a multidisciplinary setting.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3722-134
GEN-CO6z23L1
工学コンピテンシーI -プロジェクト・ベースト・ラーニング-
光石 衛
A1 A2
木曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工学部新2号館 工222号講義室
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学系研究科
授業計画
Project Based Learning(PBL)としてチーム(学生5〜6名)を編成して産業界から与えられた教育用テーマの解決を図る演習.産業界が提供するテーマを中心に数テーマを設定し,修士,博士学生がPjリーダー,Pjメンバーとなり,課題解決する.教メンバーがPjマネージャ,若手教員がファシリテータとなりチームをサポートする.PBLの事例講義,中間発表,最終発表を行う. This is an exercise to solve the educational theme given by industry by forming a team (5-6 students) as Project Based Learning (PBL). Several themes are set around the themes provided by industry, and master's and doctoral students become Pj leaders and Pj members to solve problems. Faculty members serve as Pj managers and young faculty members as facilitators to support the team. It will be held PBL case studies, interim presentations and final presentations. 詳細はGMSI HP http://gmsi.t.u-tokyo.ac.jp/***** を参照のこと. For the detail information, please refer to GMSI Homepage http://gmsi.t.u-tokyo.ac.jp/*****
成績評価方法
チームでの活動状況、最終発表、レポートによる/Activities on the PBL Team, Final Presentation and Report
履修上の注意
指示しない