大学院
HOME 大学院 建築倫理2
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています

建築倫理2

建築分野の研究者や技術者は、高度な専門的知識や技術を身につけ、居住の安全や健康に関わる重要な仕事に携わる。科学技術の急速な進展のなかで、研究者や技術者は高い倫理観と自らの行動を厳しく律していくことが一層強く求められている。本講義では、建築分野に必要な倫理的問題を認識し、どのように対処すべきかを一緒に考えることを主眼とする。

Researchers and engineers in the field of Architecture acquire a high level of specialized knowledge and skills and are involved in important works related to the safety and health of occupants. In the rapid development of science and technology, the researchers and engineers are strongly required to have sense of high-level ethics and to strictly judge own actions. The main focus of this class is to recognize the ethical issues that are necessary in the field of architecture and to think together about how to deal with them.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3714-118
GEN-AR5r02L2
建築倫理2
各教員
A1 A2
月曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工1号館 工15号講義室
講義使用言語
日本語、英語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学系研究科
授業計画
10/5より講義を開始する。受講に関する詳細は第1回10/5のガイダンスで説明する。各回の講義項目は以下の通りである。 第1回_10月05日:ガイダンス(藤田・赤司) 第2回_10月19日:法令遵守(大森) 第3回_10月26日:研究倫理・情報倫理・論文作成方法など(佐久間) 第4回_11月02日:構造・材料系の研究・実務と論理(川口) 第5回_11月09日:環境・設備系の研究・実務と論理(菊本) 第6回_11月30日:計画・構法系の研究・実務と論理(本間(健)) 第7回_12月07日:意匠・歴史系の研究・実務と論理(林) The class will start on Oct. 5. The details of the class will be explained in the guidance on Oct. 5. The topic of each lecture are as follows; 1st_5th Oct. : Guidance (K.Fujita and Y.Akashi) 2nd_19th Oct. : Legal compliance for engineers(F.Omori) 3rd_26th Oct. : Ethics for research, information and writing thesis (T.Sakuma) 4th_ 2nd Nov. : Ethics in the research and business of structure and materials (K.Kawaguchi) 5th_9th Nov. : Ethics in the research and business of environment and services (H.Kikumoto) 6th_30th Nov. : Ethics in the research and business of planning and construction (K.Honma) 7th_7th Dec. : Ethics in the research and business of design and history (K.Hayashi)
授業の方法
建築倫理2の受講生は以下の通り。 ・博士課程の学生:必修 ・2018年度以降に入学した修士課程の学生:必修 ・2017年度以前に入学した修士課程の学生:選択(履修を推奨) Students taking this class are as follows; ・Doctoral students (required) ・Master students enrolled in 2018 academic year and after (required) ・Master students enrolled in 2017 academic year and before (NOT required, but recommended)
成績評価方法
出席と小テストに基づいて合否で判定する。 “Pass” or “Fail” based on attendance and tests
履修上の注意
基礎を固める(工学部共通)