大学院
HOME 大学院 シビルエンジニアの活躍する世界
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

シビルエンジニアの活躍する世界

シビルエンジニアは、実社会の中でどのような役割を果たしているのか。大学の講義で学んだ知識は、実務でどのように生かされているのか。国土づくりや建設分野の様々な立場で活躍する実務者が具体的プロジェクトの実例などを交えながら、シビルエンジニアが果たしている役割の現状ややりがいなどを伝えるとともに、建設分野を取り巻く環境の変化にあわせてシビルエンジニアの役割が今後どのように変わっていくのかについても考えながら、土木の魅力を探っていく。
具体的には、インフラ需要の旺盛な海外市場展開の事例紹介、i-Constructionに代表される建設現場の生産性向上、新分野に対する取組み事例紹介、国交省幹部による国土づくりに関する話題提供などを通じて、社会におけるシビルエンジニアの役割について学ぶ。また、建設現場のマネジメントや、技術開発の最前線である技術研究所の見学会、我が国の抱える危機に対応する戦略に関するケーススタディなども併せて実施し、多面的にシビルエンジニアの役割について学ぶ。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3713-081
GEN-CE5m19L1
シビルエンジニアの活躍する世界
長山 智則
A1 A2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学系研究科
授業計画
講義予定(2020年度の予定を参考として掲載) 第1回9/25野坂・田邊シビルエンジニアと国土づくり 第2回10/2藤本・前田インフラ整備の最前線 第3回10/9青山・奥本プロジェクトのマネジメント ー未来のシビルエンジニアに必要なもの 第4回10/16秋・中村海外で活躍するシビルエンジニア 第5回10/23奥中・伊藤事例から学ぶ社会資本の戦略的展開(1) 第6回10/30荒川・小島~生産性革命(1)~国交省の取り組み 第7回11/6木下・大浜~生産性革命(2)~ イノベーションを現場で起こせ 第8回11/13 補講日副島・榎木建設会社の研究開発の最前線(技術研究所紹介) 第9回11/27奥中・伊藤事例から学ぶ社会資本の戦略的展開(2) 第10回12/4 山名公共空間利活用トレンドと連携誘発型工法マネジメントのいま 第11回12/11岐部インフラの事業化への挑戦 ~コロナ禍で加速する官民連携と拡大するシビルエンジニアの役割~ 第12回12/18清水建設会社の経営戦略とシビルエンジニア 第13回1/8山田技監(仮)未来の国土づくりを担う皆さんへ 講義概要 9月25日 開講挨拶   一色 眞人(西松建設株式会社 代表取締役副社長)         シビルエンジニアと国土づくり 野坂 周子(国土交通省 大臣官房 技術調査課 技術企画官) 田邊 顕(大成建設株式会社 本社 社長室 経営企画部長) 【シビルエンジニアの仕事の紹介~国家公務員編~(国土交通省 野坂企画官)】 本格的な人口減少局面を迎える中、激甚、頻発化する災害にどう対峙し、これからの国土づくりと向かい合うのか。自らが技術系官僚として携わってきた経験を紹介しながら、国土づくりに携わるシビルエンジニアに期待される役割について、学生諸君に期待することを語る。 【シビルエンジニアの仕事紹介~ゼネコン編~(大成建設 田邊部長)】 ゼネコンにおけるシビルエンジニアの仕事やキャリアパスについて、自らの経験をモデルケースとして紹介する。また、社会における土木の重要性とその中でゼネコンが果たすべき役割とその将来性について説明し、学生諸君に期待することを語る。 10月 2日 インフラ整備の最前線 藤本 雄介(国土交通省 関東地方整備局荒川上流河川事務所 所長) 前田 敬 (国土交通省 関東地方整備局鹿島港湾・空港整備事務所 所長) 国土交通省が実施するインフラ整備の現地責任者が、現場での実体験などを語る。 【関東地方整備局荒川上流河川事務所 藤本所長】 日本の発展のために取り組まれてきた荒川の治水、利用にかかる土木事業の歴史を紹介した上で、昨年度の東日本台風時の対応事例を紹介する。併せて、気候変動により頻発・激甚化する災害への対応等の課題が明らかになる中、現場の技術系国家公務員として求められる役割について語る。 【関東地方整備局鹿島港湾・空港整備事務所 前田所長】  「不毛の大地」と呼ばれた鹿島地区において、港湾を核とした臨界工業地帯を開発した歴史を振り返るとともに、国際バルク戦略港湾、洋上風力発電の基地港湾として重要な役割を果たす鹿島港を紹介する。日本の経済発展のため、また、食糧政策やエネルギー政策を実現するため、国土交通省の技術系職員に求められる役割について語る。 10月9日 プロジェクトのマネジメント -未来のシビルエンジニアに必要なもの- 青山 武史(西松建設株式会社 横浜湘南道路工事事務所 課長) 奥本 現(鹿島建設株式会社 土木管理本部土木工務部 工事管理部長) 建設会社における生産部門の最先端、即ち現場においては、多種多様な利害関係を持つ人達と関わり合いを持ち、話し合いながら物事を解決し、目的を達成することが重要である。建設プロジェクトは、責任者である現場所長を中心としたマネジメント手腕が成否を決めると言っても過言ではない。 本講義では未来のシビルエンジニアである学生諸君に対し、自らの立場における経験を交えながら、現場運営において持つべき思考や覚悟について語る。また、シビルエンジニアに求められる資質・能力や、建設会社を取り巻く環境に起因する種々の課題についても幅広く紹介する。 10月16日 海外で活躍するシビルエンジニア(海外で求められる能力) 秋 林鎬(株式会社大林組北米支店 統括部長) 中村智樹(清水建設株式会社 土木技術本部 上席エンジニア) 世界を舞台に大きなプロジェクトに携われる喜び、世界中の人達と手を取り合って苦難を乗り越え竣工にたどり着く喜び、自分が携わったプロジェクトにより海外の人々の生活が大幅に改善されるのを実感できる喜び。海外には日本のシビルエンジニアが活躍し喜びを実感できるフィールドが大きく広がっています。 本講義ではアジア、中東、米国などで建設工事に従事した国際経験豊かな講師2名が各プロジェクトでの自身の実体験を紹介し、日本と世界との違いを解説するとともに、今後グローバルに活躍すべき日本のシビルエンジニアに求められる資質と能力について語ります。 10月23日,11月27日 事例から学ぶ社会資本の戦略的展開 奥中 智行(国土交通省 大臣官房 技術調査課 企画専門官) 伊藤 廣倫(国土交通省 港湾局 海岸・防災課 高潮対策企画調整官) 東日本大震災や平成30年7月豪雨に代表されるように、近年災害が頻発・激甚化する中、この国土で豊かに生き続けるために、シビルエンジニアは自然やインフラとどのように向き合うべきだろうか。気候変動、人口減少といった局面を迎える中で、国土のあり方、インフラのあり方、人々の住まい方にも転換が必要であり、これまでに整備してきた既存のインフラや制度を最大限活用しながら、より安心・安全な国土の実現に貢献することが我々には求められている。 本講義では、近年の災害の傾向及び国土交通省における災害への対応事例を提示した後、未来に向けた新たな対応策や必要な制度に関してケーススタディを行う。 10月30日 ~生産性革命(1)~国交省の取り組み 荒川 泰二(国土交通省大臣官房技術調査課環境・安全地理空間情報技術調整官) 小島 昌希(独立行政法人国際協力機構インフラ技術業務部有償技術審査室主任調査役) 近年、AIやIoT、ICTといった先端技術の目覚ましい発展に伴い、産業界のあらゆる分野において既存のやり方、枠組みが見直され、全く新しい生産方法が取り入れられている。土木分野においても、「i-Construction」「BIM・CIM」などのキーワードに代表されるように生産活動が抜本的に見直されており、ここ数年様々な変革が行われている。 加えて、道路分野では「2040道路の景色が変わる~人々の幸せにつながる道路~」ビジョンを公表し、計画・整備・許認可・運用・ 維持管理等の一連の業務プロセスのデジタルトランスフォーメーション、スマート化等を見据え、生産性革命に取り組んでいる。 本講義では、国土交通省で生産性革命に関連する施策の担当者が講師となり、国土交通省が進めている生産性革命の最新の動向を紹介するとともに、今後のシビルエンジニアの果たすべき役割について考える。 11月6日~生産性革命(2)~ イノベーションを現場で起こせ 木下 茂樹(株式会社奥村組 東日本支社 土木技術部 技術2課長) 大浜 大(鹿島建設株式会社 土木管理本部 土木技術部 開発企画グループ長) 技能労働者の高齢化が進み、今後10年で大量離職が予想される我が国の建設業において、建設現場の生産性の向上が喫緊の課題となっている。抜本的な生産性向上を図るべく、3次元データの活用や画像処理、通信、AI等の技術の加速度的な進歩を取り込むことにより、今まで当たり前だったことが当たり前でなくなる、そんな変化が建設現場で起こっている。 本講義では、建設現場におけるイノベーションについて、今なお進化を続けている「シールドトンネル工事」の変遷や今後の展望にフォーカスして紹介するとともに、業界内外、国内外の最先端技術を有する企業との協業、「オープンイノベーション」に関する取組み事例について紹介することで、劇的に変化しつつある建設現場の将来について探る。 11月13日 建設会社の研究開発の最前線(技術研究所Web見学)          副島 紀代(株式会社大林組 技術研究所 構造技術研究部 課長)          榎木 康太(株式会社大林組 技術研究所 都市環境技術研究部 副課長) 総合建設会社が技術研究所で行っている研究・開発の内容をライブ配信で紹介し、研究分野の 多様性や最新のインフラ課題のソリューション、施工現場との関りなどを知ってもらうとともに、 その第一線で活躍する研究者との質疑応答を通じて研究所での仕事について理解を深める。 12月4日 公共空間利活用トレンドと連携誘発型広報マネジメントのいま 山名清隆(ソーシャルコンテンツプロデュサー/SCOP代表)  公共事業から交響事業へ。人と社会に新たな調和とハーモニーをもたらす土木の仕事の新しいスタイルを語ろう。人々が幸福になる公共空間とは何か。公共空間の利活用最新トレンドから信頼と評判といい関係を作り出す広報マネジメントの現場を探る。 実際に行われたプロジェクトを素材に対話型の講義で構成。 1.ミズベリングプロジェクトのいま 2.工事現場メディア化計画 3.多様に連携する技の身に付け方 4.交響事業マネジメント研究会 12月11日 インフラの事業化への挑戦 ~コロナ禍で加速する官民連携と拡大するシビルエンジニアの役割~         岐部一誠(前田建設工業株式会社 取締役専務執行役員)  日本は少子高齢化による財政難と、インフラの老朽化による莫大な維持・更新費の確保という相対する課題を抱えている。またコロナ禍で進む非接触化・デジタル化はインフラサービスのあり方をも変える。大きく変化する社会の中で、効率的で持続的なインフラマネジメントには、官民連携が欠かせない。建設会社は、そのエンジニアリング力を武器に、インフラマネジメントでも大きな役割を担っている。官民連携により、公共、利用者、民間それぞれがメリットを享受できる「三方よし」を実現することは、社会への更なる貢献になる。  本講義では、社会課題解決の方向性にいち早く着目し、官民連携に取り組んできた担当役員が、現在までの取組を自身のキャリアと共に紹介し、今後の展望について語る。 12月18日 建設会社の経営戦略とシビルエンジニア 清水琢三(五洋建設 代表取締役社長)  建設業を取り巻く事業環境は、国内にあっては東日本大震災以降、相次ぐ自然災害に対する復旧・復興や国土強靭化対策、国際競争力強化のためのストック効果の高いインフラ整備など、海外にあっては政府による品質の高いインフラ輸出の推進など、コロナ禍の現在においても他産業に比べれて堅調である。一方で、労働人口が減少する中、担い手を確保するため、週休二日を目指した働き方改革と現場の生産性向上に真正面から取り組んでいる。  海洋土木最大手の経営者が、自身の経験を基に、建設業を取り巻く事業環境ならびに経営戦略の変遷を振り返り、建設会社の経営戦略と求められる人材について語る。またウィズコロナは、建設業の職場環境を安全・安心・快適なものにするとともに、ICTを活用した生産性向上、すなわちDXを加速させる好機となっていることを紹介する。講義を通じて、建設会社のシビルエンジニアは、技術的バックグランドを強みとして全体を見通せる俯瞰力を磨くことにより、幅広い分野で多様な活躍ができることを感じてもらいたい。 1月8日 未来の国土づくりを担う皆さんへ 山田 邦博(国土交通省 技監) 我が国の持続的な経済成長や安全・安心で豊かな国民生活の実現は、今までも、そしてこれからも国土交通行政に携わる者のミッションである。国土交通省のトップとして国土づくりに携わる立場から、我が国が現在おかれている状況とそれへの対応、未来の国土づくりの可能性とそれを担う将来のシビルエンジニアへの期待を語る。
成績評価方法
(2020年度の例を参考として掲載) 評価方法:ミニレポート40%,グループ討議発表20%,最終レポート40% ■ミニレポート(第6・9回を除く毎回) 各講義終了後30分以内に、ミニレポートを提出(ミニレポートはITC-LMSにて配布予定)   ミニレポートの内容:(1)理解度や関心度などに関する質問(択一式)             (2)講義内容に対する感想(記述式)             (3)講義内容に対する質問(記述式、任意)    ■グループ討議発表(第5・9回)  第5回の講義(約60分)後に、1グループ3~4人程度、数班に分かれ、提示されたケースについて各班で議論。各班は、11/20までに、プレゼ概要を提出する。第9回はプレゼを実施し、講師より講評を行う。  評価は各グループの発表内容の他、各個人の発表姿勢も対象に行う。 ■最終レポート 最終講義終了後に、講義全体を通しての最終レポートを提出する。(最終レポート課題については、ITC-LMSにて配布予定)  ・レポートは、電子メールにて講義担当窓口(*****)に提出する。 ・レポートを送付するメールの件名に、「シビルエンジニアの活躍する世界:学生番号、氏名」を記載する。 ・レポートのファイル名は、学生番号、学生名とする。(例:10123yamada.doc)  ・講義担当窓口はレポートを受け取ったら、必ず返信する。 ・返信が無い場合、学生は講義担当窓口にレポート受け取りの問い合わせを行う。
履修上の注意
指示しない