大学院
HOME 大学院 風と構造物E
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

風と構造物E

Start date: April 5(Tue) Exam:May 31(Tue)

Wind loads have to be taken into account when designing civil engineering structures. This lecture derives the theoretical background of wind loaded structures and gives practical applications for a large variety for structures, such as low rise static structures, buildings, chimneys and cable-supported bridges.
社会基盤構造物を設計する際には、風荷重評価が不可欠である。本講義では構造物を受ける風荷重の理論的背景を説明し、低層構造物、高層建物、煙突、斜張橋などの多様な構造物への応用を学ぶ。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3713-005
GEN-CE5a04L3
風と構造物E
石原 孟
S1
火曜4限、金曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工1号館 工17号講義室
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学系研究科
授業計画
1 Introduction 序論  a Wind Engineering  風工学  b Damages of Structures Caused by Wind 構造物の風災害 2 Similarity Law  相似則  a Fundamental Equations  基礎方程式  b Dimensional Analysis 次元解析 3 Natural Wind 自然風  a Cause of Wind 風の発生要因  b Modeling of Natural Wind 自然風のモデル化  c Estimation of Extreme Wind 極値風の推定 4 Response of Structures to Wind  構造物の風応答  a Aerodynamic Forces 空気力  b Static Response of Structures 構造物の静的応答  c Dynamic Responses of Structures 構造物の動的応答 5 Aerodynamic Instability 空力不安定  a Galloping ギャロッピング  b Vortex Induced Vibration 渦励振 6 Wind Tunnel Test and Numerical Simulation 風洞実験と数値予測  a Wind Tunnel Test 風洞実験  b Computational Wind Engineering 数値風工学
授業の方法
Zoom URL https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/***** ミーティングID *****パスコード:
成績評価方法
Assignment:30 points 課題:30点 Final Test:70points 最終試験:70点
教科書
Wind Loads On Structures, C. Dyrbye S. O. Hansen, WILEY, NSBN0-471-95651-1
履修上の注意
指示しない