大学院
HOME 大学院 生物統計学

生物統計学

本講義では、実験や観察データのもとで最良の説明を推論するツールとしての統計学の基礎となる理念ならびに方法論について講義をする。生物統計学の知識を必要とする統計ユーザーにとって目標とすべきは、自分の取り組む問題を解決する上で必要な統計手法を自らの責任のもとに使いこなせることである。受講生には、統計分析ソフトウェアや統計数学に取り組む前に、まずはじめに統計学的な「ものの考え方」を身につけてほしい。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35617-0023
GSC-BS6223L1
生物統計学
三中 信宏
S1 S2
木曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
理学部2号館 201
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
1)統計学的思考法とその認知心理的基盤.2)データからの推論形式とアブダクション.3)統計学における説明とモデルの単純性基準.4)尤度原理・情報量統計学・モデル選択論.5)パラメトリック統計学(正規分布を中心に).6)実験計画と分散分析ならびに多重比較.7)線形モデル・一般化線形モデル・混合効果モデル.8)コンピュータ集約型の計算機統計学.9)ベイジアン統計モデリング(MCMCを中心に).10)多変量データの分析法.11)幾何学的形態測定学における“かたち”の定量化.12)分子系統樹の推定における統計モデル.13)統計言語〈R〉と〈Rコマンダー〉及び〈Rスタジオ〉を用いた計算のデモンストレーション.
授業の方法
スライドを用いた講義を中心にして,統計ソフトウェア「R」「Rコマンダー」ならびに「Rスタジオ」を用いた計算デモンストレーションを行なう.
成績評価方法
レポート提出による.
教科書
とくに指定しない
参考書
三中信宏「統計学へのお誘い本リスト」(http://cse.niaes.affrc.go.jp/minaka/R/InvitationStatistics.html)の中から,講義中にその都度指示する.
履修上の注意
数学や統計学に関する予備知識はとくに必要ない.