大学院
HOME 大学院 気候変動予測論I
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年4月21日

気候変動予測論I

気候変動予測論I / Climate Prediction I
短期、長期の天気予報や地球温暖化の予測に関わる基礎的な事項を学び、問題点や課題を議論する。/
Students will learn about the fundamentals involved in short- and long-term weather forecasting and global warming prediction, and discuss problems and issues.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35616-2059
GSC-EP6112L2
気候変動予測論I
佐藤 正樹
A1 A2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
理学部1号館西棟 710
講義使用言語
日本語/英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
4名の教員が3回ずつ、以下のテーマで講義を行う。 第1-3回:佐藤正樹:日~週程度の時間スケール気象予測 第4-6回:小坂優:季節~数年の時間スケール気候予測 第7-9回:渡部雅浩:10~100年の時間スケールにおける気候変動予測および地球温暖化の「予測」 第10-12回:羽角博康:海洋深層循環、物質循環:100年以上~10万年程度の時間スケール予測 Four faculty members will lecture three times each on the following topics. Lecture 1-3: Masaki Satoh: Daily to weekly time scale weather forecasting Lecture 4-6: Yu Kosaka: Seasonal to multi-annual time scale climate prediction Lecture 7-9: Masahiro Watanabe: Climate projection, time scale up to about 100 years Lecture 10-12: Hiroyasu Hazumi: Deep ocean circulation, material circulation, time scale from more than 100 years to about 100,000 years 各テーマのキーワード: 佐藤  方程式系  非静力学モデル・大循環モデル  雲物理スキーム  集中豪雨、台風  局地短時間予報、週間天気予報 小坂  カオスと予測可能性  アンサンブル予測  季節予測と変動モード 渡部  温暖化問題の理学的性質(初期値問題と境界値問題)  predictionとprojection  排出シナリオと気候応答  「予測」の不確実性 羽角  海洋モデル概要:差分スキーム、物理パラメタリゼーション、生物地球化学過程  物理的深層循環と気候変動(数百年スケール)  海洋物質循環と気候変動(数万年スケール) Key words for each theme: No. 1-3 by Masaki Satoh:  Governing equations of numerical models  Non-hydrostatic models, General circulation models  Cloud physics schemes  Heavy rainfall, typhoons  Local short-time forecast, weekly weather forecast No. 4-6 by Yu Kosaka  Chaos and predictability  Ensemble prediction  Seasonal forecasting and modes of variability No. 7-9 by Masahiro Watanabe  Physical properties of global warming problems (initial value problem and boundary value problem)  Prediction and projection  Emission scenarios and climate response  Uncertainty of prediction No. 10-12 by Hiroyasu Hasumi  Ocean model overview: discretization schemes, physical parameterization, and biogeochemical processes  Physical deep circulation and climate variability (hundreds of years' scale)  Material circulation and climate change (tens of thousands of years' scale)
授業の方法
ホワイトボード、スクリーンに投射したスライドを使った対面およびオンラインのハイブリッド講義 / Hybrid face-to-face and online lectures using whiteboards and projected slides on a screen
成績評価方法
レポートおよび出席状況 / Reports and attendance
教科書
TBD
参考書
Masaki Satoh (2013) "Atmospheric Circulation Dynamics and General Circulation Models, 2nd edition" Springer-PRAXIS, https://doi.org/***** https://cesd.aori.u-tokyo.ac.jp/***** 渡部雅浩, 2018: 絵でわかる地球温暖化. 講談社. 日本気象学会編, 2014: 地球温暖化—そのメカニズムと不確実性— . 朝倉書店.
履修上の注意
シラバス UTAC および ITC-LMS の最新情報に留意すること / Please note the recent information on the UTAC & ITC-LMS.
その他
各教員の連絡先: 佐藤正樹 ***** ***** (直通);学内からは内線 66050 https://cesd.aori.u-tokyo.ac.jp/***** 小坂優 ***** 渡部雅浩 ***** 羽角博康 *****