大学院
HOME 大学院 惑星探査学Ⅰ
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

惑星探査学Ⅰ

惑星探査学I Planetary Exploration Science I
惑星が辿った個性あふれる進化過程,そして惑星近傍の宇宙空間で生じる多様な現象・構造を俯瞰する.さらに,それらの知見をもたらしてきた惑星探査の歴史について解説し,観測技術の詳細にも触れながら,将来の宇宙惑星探査に目を向ける.宇宙惑星探査の歩みを理解するとともに,探査プロジェクトの心意気に触れることを目標とする.
We review the evolution of surfaces and atmospheres, and variety of related phenomena/structures of planets. We also illustrate previous planetary explorations with special emphases on instrumentation. The goal is to understand the history of explorations and touch spirits of exploration projects.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35616-2013
GSC-EP6207L2
惑星探査学Ⅰ
笠原 慧
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
理学部1号館西棟 710
講義使用言語
日本語/英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
以下のようなトピックについて講義を行う予定である. 〇惑星科学における探査の意義・重要性 〇探査・観測の歴史 〇将来探査計画(サンプルリターン・惑星保護) 〇観測器の原理 〇観測器の設計 1. Importance of planetary explorations 2. History of planetary explorations 3. Future missions 4. Measurement techniques for planetary explorations 5. Design of scientific instruments
授業の方法
講義 Lecture
成績評価方法
レポート Term paper
教科書
Instructed in lectures when needed.
参考書
Instructed in lectures when needed.
履修上の注意
オンライン形式の配信を確保しつつ, 可能な場合には本郷キャンパスにおける対面授業を実施する. 詳細は決定次第,ITC-LMSに掲示する.