大学院
HOME 大学院 地球生命進化学
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

地球生命進化学

地球生命進化学 (Paleobiology)
古生物学の理論や研究法の基礎を学習し、生命進化のパターンやメカニズムを理解する。特に古生物学の生物学的側面を中心に据えて、様々な階層のテーマについて、最近の成果を交えて解説する。単なる知識の修得ではなく、進化的な概念、理論の修得に力点を置く。
This course will provide a comprehensive introduction to theories and methods in paleontology. Students will be introduced to patterns and mechanisms of biological evolution. Topics covered will include a wide range of the biologial aspect of paleontology, with latest findings. The focus will extend beyond mere knowledge, and be put on concepts and theories in evolutionary biology.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35616-1064
GSC-EP6510L2
地球生命進化学
未定
S1 S2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
理学部1号館西棟 710
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
1. 古生物学と周辺科学 Paleontology and related sciences 2. 化石の種類、化石記録の性質、化石の研究法 Types of fossils, nature of the fossil record, and methods for studying fossils 3. 記載と分類 Description and classification 4. 化石種における個体成長解析 Growth analyses in fossil species 5. 進化学の理論 Evolutionary theory 6. 相同性 Homology 7. 系統解析 Phylogenetic analyses 8. 適応と(発生)拘束 Adaptation and (developmental) constraint 9. 形態進化の様式 Mode in morphological evolution 10. 古生態学1(機能形態学) Paleoecology 1 (functional morphology) 11. 古生態学2(その他) Paleoecology 2 (others) 12. 生物多様性の変遷 History of biological diversity 13. (古)生物地理 (Paleo)biogeography
授業の方法
スライド、板書、配布プリントを用いた通常講義 (Lectures with a blackbard, slideshows, and handouts)
成績評価方法
出席ならびに筆記試験 (Attendance points and a written examination)
教科書
なし (Not designated)
参考書
速水格 (2009) 古生物学. 東京大学出版会. Foote M., Miller A. I. (2006) Principles of Paleontology. 3rd edn. W. H. Freeman.
履修上の注意
なし (N/A)