大学院
HOME 大学院 生命圏進化学
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

生命圏進化学

生命圏進化学/ Evolution of the Biosphere
地球化学,分子生物学などを含む生命地球科学の理論と方法について習得する.また,その応用として,太古代,原生代,原生代/顕生代境界(pC/C)および顕生代の現象に関する理解を深める.
To gain knowledge of theories and methodologies of biogeosciences,
including and with special emphasis on geochemical and molecular
biological aspects.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35616-1044
GSC-EP6509L2
生命圏進化学
遠藤 一佳
S1 S2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語/英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
前半は小宮が、後半は遠藤が担当し、それぞれ地質・地球化学、分子生物学の側面から授業を行う。 The lecture schedule comprises two parts: the first part on geological/geochemical aspects (T. Komiya) and the second part on molecular biological aspects (K. Endo)
授業の方法
主に初期生命進化から多細胞動物の進化までの生命史についてのオーバービューを行った後,これに関する最近の論文を読み,議論を行う. Presentations and discussion by students on recent articles on history of Precambrian life. Some lectures will be given at the outset.
成績評価方法
出席点、レポート Participation and midterm paper
教科書
特に定めない No particular recommendation
参考書
その都度紹介する Shall be notified in the lectures when needed
履修上の注意
特になし Nothing particular to note