大学院
HOME 大学院 先端光科学講義II
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています

先端光科学講義II

先端光科学講義II Lecture on Advanced Optical Science II
近年の光科学の発展は目覚しく、その成果は、理学・工学の多岐にわたる分野において活用されている。将来、光科学研究の基礎・応用研究、技術開発等に従事し、そのさらなる発展を担うことのできる人材の育成を目指して、光科学研究の基礎から最前線までを、系統的に講義する。夏学期には先端光科学講義Iを開講し、冬学期には先端光科学講義IIを開講する。講義は東京大学、慶應義塾大学、電気通信大学の教員および、先端光科学の分野をリードする企業の研究者によって行われる。


The recent rapid progress in optical science stimulated the development in a variety of research fields in science and technology. For fostering researchers and engineers who will be engaged in basic and applied research fields in academia and industry, fundamentals as well as frontiers in optical science will be introduced in a systematic manner. “Advanced Optical Science I” is offered in the summer semester, and “Advanced Optical Science II” in the winter semester. The courses will be given by professors in the University of Tokyo, Keio University, and the University of Electro-Communications, and by researchers in companies developing advanced technologies in optical science.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35606-0080
GSC-CH5112L1
先端光科学講義II
山内 薫
A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
詳細は関連ホームページを参照のこと。 Course schedule will be announced on the website.
授業の方法
本科目では毎週異なったテーマについて講義を行う。 Omnibus-type lecture course
成績評価方法
出席、ならびにレポートによって評価する。 講義時間内に出席、レポートを記載して提出すること。ただし、講義時間中,所定の時間より遅れて受講した者には、出席とレポートを受け付けないため、注意すること。 Graduate students are requested to submit attendance and reports during the lecture. Submit the attendance and the report during the lecture. Not be late for the lecture, and the attendance and the report by ones who attend late to the class are not accepted.
教科書
なし。 None.
参考書
山内薫・五神真 編 「先端光科学入門」、「先端光科学入門2」 "Introduction to Advanced Optical Science," Kaoru Yamanouchi and Makoto Kuwata-Gonokami (Eds.), "Introduction to Advanced Optical Science 2," Kaoru Yamanouchi and Makoto Kuwata-Gonokami (Eds.)
履修上の注意
各専攻における履修登録に加えて、ホームページ上で履修申込みをすること。各学期初めに履修希望者向けのガイダンスを行う。履修意志のある者は参加することが望まれる。2020年Aセメスター(冬学期・後期)はガイダンスを9月28日(月)午前10時25分より、理学部化学本館5階講堂にて開催予定(変更の可能性有、日程等詳細はホームページにて告知)。工学系研究科、新領域創成科学研究科に所属する学生は工学系研究科で開講する科目(3799-111)を履修すること。 In addition to the registration at the respective departments, it is necessary to register for the course from the course website (http://www.cuils.s.u-tokyo.ac.jp/*****). Those who wish to take the course are recommended to attend the course guidance to be held on Monday, September 28 from 10:25 at the Chemistry Auditorium, Chemistry Main Bldg 5th Floor (date subject to change). Details of the guidance will be announced on the website.