大学院
HOME 大学院 無機・分析化学基礎I
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています

無機・分析化学基礎I

35606-0052 無機・分析化学基礎I Basic Inorganic/Analytical Chemistry I
(塩谷)
生体内における金属イオンの役割について概観し、金属酵素や核酸・金属複合体における構造-機能相関について詳細に解説する。 特に、小分子の活性化に焦点を当て、酵素反応と人工反応を比較し議論する。
1) 生命活動を担う金属イオンと補因子
2) 金属酵素の活性中心の構造と機能
3) 酵素反応と人工反応の比較

(山野井)
固体電極表面の化学修飾に関するトピックスを扱う。化学修飾電極の設計・合成・構造・機能について概説をし、その機能がどのようにして発現するかについて解説する。合わせて金属ナノクラスターに関する講義も行う。
1) 電極表面の化学修飾と材料設計
2) 修飾電極の構造確認
3) 修飾電極の機能・物性
4) 金属ナノクラスターの合成と機能

(Shionoya)
The aim of this series of lectures is to overview the roles of metal ions in biological systems and to explain the structure-function relationships in metallo-enzymes and nucleic acid-metal complexes in detail. In addition, comparison of enzymatic reactions vs artificial reactions will be discussed, taking examples of activation of small molecules.
1) Biogenic metal ions and cofactors
2) Structures and functions of active centers of metallo-enzymes
3) Comparison of enzymatic reactions and artificial reactions

(Yamanoi)
The lectures deal with the topics on the chemical modification of the electrode surface. Design, structure, and properties of chemically modified electrodes are outlined. Synthesis and properties of metal nanoclusters are also described.
1) Preparation of chemically modified electrode
2) Characterization of chemically modified electrode
3) Properties of chemically modified electrode
4) Synthesis and properties of metal nanoclusters
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35606-0052
GSC-CH5312L3
無機・分析化学基礎I
塩谷 光彦
S1
火曜1限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
化学本館 1402
講義使用言語
英語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
本講義はオンライン(Zoom)で行う。URLは下記に記載。 塩谷: 第1回 (6/2) : 生命活動を担う金属イオンと補因子 、小分子の活性化 第2回 (6/9): 金属酵素の活性中心の構造と機能 、小分子の活性化 第3回 (6/16): 酵素反応と人工反応の比較 、小分子の活性化 山野井: 第1回 (5/12): 電極表面の化学修飾と材料設計 第2回 (5/19): 修飾電極の構造確認 第3回 (5/26): :修飾電極の機能・物性 (Shionoya) 1st lecture: Biogenic metal ions and cofactors 2nd lecture: Structures and functions of active centers of metallo-enzymes 3rd lecture: Interactions between nucleic acids and metals, Activation of small molecules (Yamanoi) 1st lecture: Preparation of chemically modified electrode 2nd lecture: Characterization of chemically modified electrode 3rd lecture: Properties of chemically modified electrode
授業の方法
本講義はオンライン(Zoom)で行う。URLは下記に記載。
成績評価方法
(塩谷)出席およびレポートにより成績評価を行う。 (山野井)出席およびレポートにより成績評価を行う。 (Shionoya) The evaluation is performed based on attendance and the results of a report to be announced at the class. (Yamanoi) The evaluation is performed based on attendance and the results of a report to be announced at the class.
教科書
(塩谷)教科書は指定しない。 (山野井)教科書は指定しない。 (Shionoya) No text book is used. (Yamanoi) No text book is used.
参考書
(塩谷)生物無機化学(錯体化学会選書、増田秀樹、福住俊一編著、三共出版)を薦める。 (山野井)講義中に紹介する。 (Shionoya) Reference: Bioinorganic Chemistry, Ed. by H. Masuda and S. Fukuzumi, Sankyo Publishing (Yamanoi) References will be shown in the lecture.
履修上の注意
講義の最初に説明する。