大学院
HOME 大学院 物理化学基礎II
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています

物理化学基礎II

物理化学基礎II     Basic Physical Chemistry II
Fundamentals of chemical kinetics and dynamics in homogeneous and heterogeneous reactions will be introduced by referring to the recent advances in experimental and theoretical methods. The instructors are Associate Professor Erik Lotstedt for the first half and Associate Professor Sasaki for the latter half.

均一系および不均一系における化学反応の速度論とダイナミクスについて、近年の実験的理論的発展を引用することによって、基礎から講義する。前半をLotstedt 准教授が、後半を佐々木准教授が担当する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35606-0049
GSC-CH5108L3
物理化学基礎II
LOETSTEDT ERIK VIKTO
S2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
化学本館 1402
講義使用言語
英語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
June 23, June 30, July 7 : Associate Professor Erik Lotstedt July 14, July 21, July 28: Associate Professor Takehiko Sasaki 1. Time-dependent quantum mechanics 2. Electronic structure and potential energy surfaces 3. Chemical reactions and transition state theory 4. Light-molecule interaction 5. Simulation methods 6. Surface reactions and adsorption processes 7. Experimental methods for surface and catalytic reactions 8. Mechanism and design of catalytic reactions 9. Structures and electronic states of surface 6/23 6/30 7/7 Lotstedt 准教授 7/14 7/21 7/28 佐々木准教授 1. 時間依存の量子力学 2. 電子構造とポテンシャルエネルギー曲面 3. 化学反応と遷移状態理論 4. 光と分子の相互作用 5. シミュレーション手法 6.吸着現象、表面反応 7.表面反応、触媒反応の解析法とその場観察法 8.触媒反応機構、触媒表面設計 9.表面構造、表面電子状態の基礎事項と分光法、解析法
授業の方法
講義は英語で実施する。 Lectures will be achieved in English.
成績評価方法
各回に小テストを行い、その結果を基に成績をつける。 Each time a small exercise test will be given. Grade will be estimated according to these tests.
教科書
“Quanta, Matter, and Change: A molecular approach to physical chemistry” by Peter Atkins, Julio de Paula, and Ronald Friedman, Oxford University Press (2009) の第19章、第20章、第21章. Chapters 19, 20, and 21 in “Quanta, Matter, and Change: A molecular approach to physical chemistry” by Peter Atkins, Julio de Paula, and Ronald Friedman, Oxford University Press (2009). 参考書として用いる。GCOEで購入した20冊が化学科図書室においてあり、18冊が貸し出し可能。
参考書
上記教科書を参考書として用いる。 “Quanta, Matter, and Change: A molecular approach to physical chemistry” by Peter Atkins, Julio de Paula, and Ronald Friedman, Oxford University Press (2009) is used as a reference book.
履修上の注意
講義は英語で実施される。全7回出席し、各回の小テストを受けることが必要である。 Lectures will be given in English. Attendance for all seven lectures with having a small exercise at each time is required.
その他
Mail address : Erik Lotstedt ***** Takehiko Sasaki *****