大学院
HOME 大学院 有機化学特論Ⅰ
過去(2023年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

有機化学特論Ⅰ

遷移金属触媒反応:Transition-metal catalyzed reactions
最近のノーベル化学賞授賞対象となった不斉還元・酸化反応,メタセシス反応,クロスカップリング反応の発見の経緯・反応機構を中心に概説し,これらを鍵反応として用いる医薬品・機能性材料の合成法について紹介する。
The history of discovery and reaction mechanism of asymmetric, metatheses, and cross-coupling reactions will be shown.
Synthesis of drug medicines and functional materials based on these reactions will be also reviewed.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
35606-0036
GSC-CH5201L3
有機化学特論Ⅰ
寺尾 潤
A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
英語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学系研究科
授業計画
Innovation of C-C and C=C coupling reactions I : Pd-Catalyzed C-C cross coupling reactions II : Olefin metathesis reaction New Methodologies for C-C and C-Si Bond Forming Reactions Using Anionic Transition Metal Complexes as Active Catalytic Species I : New Methodology for Nucleophilic Activation of Olefin Ligands II : A New Methodology for Generation of Alkyl Radical Species III : A New Cross-Coupling Reaction Using Alkyl Halides New Interconnecting Methods for Molecular Devices by Coupling Reaction I : New Methodology for Manufacture of Nano Photo Switching Device II : New Synthetic Methodologies of Insulated Molecular Wires
授業の方法
対面あるいはオンライン講義 Lecture or Online Lecture by ZOOM
成績評価方法
出席とレポートによる attendance & submitting a term paper Evaluation will be based on class attendance (50%) and six times 10-min. short exam (50%) during lecture.
教科書
教科書は使用せず,プリントを配布する handouts
参考書
John F. Hartwig, Organotransition Metal Chemistry: From Bonding to Catalysis
履修上の注意
After each lecture, we're going to have a quiz. The results of the question will contain an attendance point and have some effect on your grade. And, I'm going to hand out some copies. Please fill suitable words or compound structures in the blank space.
その他
開講日など詳細は,以下の化学専攻HPを確認してください。 Please refer to the below link for details about lecture date. http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/*****