大学院
HOME 大学院 現代科学技術概論III
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

現代科学技術概論III

人工知能が浸透する社会について考える
交通・エンタメ・農業・医療・金融・サービス業等、様々な領域に人工知能(AI)が導入され、私たちの生活や働き方に影響を及ぼしています。そのため、国内外で人工知能技術の開発や利活用の原則や、技術の倫理的、法的、社会的影響(Ethical, Legal and Social Implications)の議論が行われています。このような議論には多様な分野の知見が求められており、今後、情報系研究者も倫理・法・社会的知見を持つこと、政策関係者や実務家、人文・社会科学の研究者も情報技術に関する知見を持つことが必要となります。
本授業では、「どうやったら技術を社会に受容してもらえるのか」「技術が私たちの社会をどう変えてしまうのか」という技術決定論的あるいは受け身な態度ではなく、「どのような社会を目指し、そのために技術や人は何ができるか」といった視点から「人工知能と社会」における論点を考えます。
本授業では国際機関や国内のマルチステークホルダーによるAIと社会に関する議論を参照しながら、今後取り組むべき課題等について、特定のテーマに関しての最終レポートをグループワークで作成します。学生には授業での質疑応答やグループワークやディスカッションに主体的に参加することが求められます。
なお、本授業は総合文化研究科、情報学環、情報理工学系研究科、公共政策大学院の合併授業です。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M300-0091S
GAS-IT6B33L1
現代科学技術概論III
江間 有沙
S1 S2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
総合文化研究科
授業計画
授業の順番・内容は変更になる可能性があります。 第1回 担当教員全員によるイントロダクション:AIをめぐる働き課題の可能性と課題について 第2回 AI技術概論:最先端の科学技術の動向に関する講義(國吉) 第3回 AIと社会/文化に関する講義(佐倉) 第4回 AIガバナンスをめぐる国内外の議論に関する講義(江間) 第5回 AI技術やシステムに関する法や制度に関する講義(城山) 第6回 グループワーク+ディスカッション 第7回~9回 学生の関心に合わせたゲスト講師による講義とディスカッション 第10回 グループワーク+ディスカッション 第11回 ゲスト講師によるグループワークへのコメント 第12回 グループワーク+ディスカッション 第13回 発表会+自己・他者評価
授業の方法
授業は基本的に対面で行います。講義や議論は日本語で行われます。
成績評価方法
授業参加、グループワーク参加、成果発表、最終レポートで評価します。
教科書
適宜紹介します
参考書
適宜紹介します
履修上の注意
本授業の様子や内容(提出物の記述内容含む)について、完全に匿名化し、ホームページや報告書等で公開することがあります。