大学院
HOME 大学院 平和プロセスと国際協力II
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

平和プロセスと国際協力II

「人間の安全保障」実現のための平和プロセスと国際協力 Examining Peace Process and International Cooperation to achieve Human Security
授業の目標:平和プロセスと国際協力を「人間の安全保障」の視点から、俯瞰し、検討する。

概要:平和プロセスと国際協力は誰のためのものか。現地の人々のためのものであるなら、「現地の人々」とは一体誰を指すのか。平和プロセスと国際協力における、外部と現地の主体との関係はいかなるものか。外部者と現地をつなぐ「翻訳」は何を伝え、何を伝えないのか。多様な目的をもった多様なアクターが関与する、平和プロセスと国際協力に「人間の安全保障」の視点を加えることにどのような意味と意義があるのか。
このような問に答えるべく、第1~第9回の講義では人間の安全保障と関係概念の検討をしたのちに、人間の安全保障の3つの要素およびUNDPの2022報告書で提起された地球環境問題から平和プロセスと国際協力を検討する。第10~第12回では、受講生がそれぞれの関心領域を主題として、人間の安全保障の視点を入れた、平和プロセスと国際協力について報告する。最終回第13回で講義全体を総括する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M290-0060S
GAS-HS6C04L1
平和プロセスと国際協力II
長 有紀枝
S1 S2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
以下の7つの項目を第1~第9回の講義でカバーする。 重点の置き方は、初回の授業時に受講生の希望や関心領域を確認した上で決定する。 1.人間の安全保障概念と関連概念の整理 ・政策概念としての人間の安全保障~UNDP,カナダ・日本 ・国連総会決議による「人間の安全保障」概念(UNGA RES 66 290(2012)) ・保護する責任と文民の保護(POC)との関係 2.平和プロセスの検討 ・政治的プロセスとしての国家建築と平和プロセス ・正義と平和:移行期正義の課題 3.国際協力の検討 ・多様なアクター(多様な資金源、多様な目的・優先順位)による多様なメニュー ・増大する危機と、国連PKO要員および援助者の安全管理・危機管理、犠牲者の動向 ・国際協力における翻訳・通訳の意味 ・なにをもってインパクトをはかるか 4 欠乏からの自由:開発 ・ オーナーシップの陥穽、ローカリゼーション 5.恐怖からの自由:紛争と平和 ・ 紛争と平和を定義する~ヨハン・ガルトゥングの平和研究から ・ DO NO Harm 6.尊厳とともに生きる自由:人権・移行期正義 ・ 国際刑事裁判所と4つのコアクライム・ ・ ジェノサイド予防 ・ 大量遺体の処理 7.人新生の時代の人間の安全保障~環境正義
授業の方法
第1~9回および第13回は講義とディスカッション、第10~12回は受講生による発表にあてる。
成績評価方法
平常点(授業内報告、ディスカッションへの参加度)40%と授業内報告をもとにした期末レポート60%
教科書
長有紀枝『入門 人間の安全保障-恐怖と欠乏からの自由を求めて 増補版』(中央公論新社、2021) 長有紀枝「『人間の安全保障』概念を外交にどう活かすか」、東大作編『人間の安全保障と平和構築』(日本評論社、2017)181頁~201頁。
参考書
Johan Galtung, Violence, Peace, and Peace Research, Journal of Peace Research, Vol. 6, No. 3 (1969), pp. 167-191. Mary B. Anderson.1999 Do No Harm: How Aid Can Support Peace- or War. Lynne Riener Publishers(大平剛訳『諸刃の援助 紛争地での援助の二面性』(明石書店2006) 日本国際問題研究所『国際問題』2022年4月No.706(焦点:国家建設の行方) 参考資料: United Nations Development Programme (UNDP). 2022. 2022 Special Report on Human Security. New York. 国連開発計画(UNDP) 、星野 俊也 監訳『2022年特別報告書 人新世の脅威と人間の安全保障 さらなる連帯で立ち向かうとき 』(日経BP2022) Breckenridge, M-J., Czwarno, M., Duque-Diez, M., Fairbanks, A., Harvey, P., Stoddard, A. (2023). Aid Worker Security Report 2023 - Security Training in the Humanitarian Sector: Issues of equity and effectiveness. Humanitarian Outcomes
履修上の注意
授業中に指示する。