大学院
HOME 大学院 紛争と和解・共生II
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

紛争と和解・共生II

アフリカにおける治安の民営化
1990年代以降、紛争の発生とも連関する複雑な現象が途上地域において発生してきた。こうした経験をした国家や社会の再構築は、国際社会を巻き込む形で行われているものの、決して容易な作業ではない。そこで、本演習では、紛争と和解・共生という問題を考えるための文献購読、ならびに議論を行い、紛争の諸相、紛争後の国家と社会の可能性を学問的な立場から検討を行うことをねらいとする。今年度は、アフリカにおける治安の民営化を扱った以下の文献を輪読する予定。Paul Higate and Mats Utas, eds.Private security in Africa:From the global assemblage to the everyday, 2017, London: Zed. なお、関連論文の紹介も可とする予定。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M290-0040S
GAS-HS6C02L1
紛争と和解・共生II
遠藤 貢
S1 S2
火曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 8-324
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
開講時に受講予定者と相談して、輪読文献と報告日程等を決定する。今年度は オンライン授業で実施するため、初回と2回目は、簡単な打ち合わせと、報告担当者を決める作業を行う。
授業の方法
文献購読、ならびに議論を行うゼミ形式の授業とする。事前に、テキストとして使う文献に目を通して、それぞれ報告希望を出し合う形で担当を決め、ゼミ形式の授業をオンラインで実施する。
成績評価方法
平常点(報告、コメント、ならびに出席状況)。
教科書
輪読文献に関しては改めて受講者と相談の上決定する。 Paul Higate and Mats Utas, eds.Private security in Africa:From the global assemblage to the everyday, 2017, London: Zed.を予定。その他関連論文。 なお、テキストは、http://www.diva-portal.org/*****から入手可能。
参考書
開講時に指示する。
履修上の注意
履修予定者は、初回あるいは2回目の授業にオンラインで出席することが望ましい。