大学院
HOME 大学院 アート・マネージメント論II
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

アート・マネージメント論II

音楽聴再考
19世紀から21世紀初頭までの音楽聴の問題を、近年のライヴネスやヴァーチャルの環境を踏まえながら捉え直す。基本的な文献として、Christian Thorau, Hansjakob Ziemer編によるThe Oxford hndbook of Music Listening in the 19th and 20th Centuriesを用いる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M210-0280S
GAS-IC6A23L1
アート・マネージメント論II
長木 誠司
S1 S2
月曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 3階・8-323室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
基本的にはテクストを輪読しながら進める。
授業の方法
基本的には対面で行うが、参加者の希望にも添いたいと思っている(併用型への移行も考えられるが、ハイブリッドは行わない)。音楽聴の対象は、かつてこの問題が説き起こされた当時とは違って、いわゆる芸術音楽に限らず、日常性のなかに溢れており、それとの関係やジャンル横断的な思考法が問われる。基本的なテクストのほか、その周辺のテクストも配慮するため、文献調査と文献読解、およびディスカッションを交えながら進める。
成績評価方法
個人発表および通常点
教科書
Christian Thorau, Hansjakob Ziemer(ed), The Oxford hndbook of Music Listening in the 19th and 20th Centuries.購入の必要はない。
参考書
とくになし
履修上の注意
積極的な発言や参加を期待する。