大学院
HOME 大学院 アート・マネージメント論II
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

アート・マネージメント論II

音楽とヴァーチュアリティ
音楽におけるヴァーチュアリティの問題は20世紀末からの大きなテーマであるが、コロナ禍で先鋭化された面を持つこの問題をさまざまな側面から検討する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M210-0280A
アート・マネージメント論II
長木 誠司
A1 A2
月曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 3階・8-323室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
基本的な文献を最初のンライン授業時に掲げ、それを分担して読み進める。The Oxford Handbook of Music and Virtuality (Oxford Handbooks、2016) などを考えているが、最初の時間に指示する。
授業の方法
参加者の顔ぶれを見ながら、担当を決めて発表してもらい、それについての議論の時間を多くとりたいと思っている。
成績評価方法
平常点
教科書
とくになし
参考書
とくになし
履修上の注意
積極的な参加を求めたい