大学院
HOME 大学院 文化ダイナミクス実験実習I
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

文化ダイナミクス実験実習I

パゾリーニ『異端的経験論』を読む。
パゾリーニの言語論/映画論『異端的経験論』(Empirismo eretico, 1972)を読む。担当者の力不足により、仏訳(L'Expérience hérétique, 1976)をメイン・テクストとするが、イタリア語原文もそのつど必ず参照する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M210-0141A
文化ダイナミクス実験実習I
森元 庸介
A1 A2
月曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 3階・8-323室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
初回はイントロダクション、以降は購読。
授業の方法
上記のとおり。
成績評価方法
平常点とレポート。
教科書
Pier Paolo Pasolini, Empirismo eretico, 1972 (L'Expérience hérétique, 1976).
参考書
授業中に話題にする。
履修上の注意
お願いできる筋合いでないと承知しているが、イタリア研究をされている方がお越しくださったら、本当にありがたい。 原則として対面でおこなうが、必要にそなえて Zoom URL を設ける。Zoomでの受講が必要な場合は事前に連絡すること。