大学院
HOME 大学院 文化ダイナミクス演習III
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

文化ダイナミクス演習III

メディウム(媒体)について――メディウムを通して技術を考える/技術を通してメディウムを考える
 この授業では、芸術作品を単一のジャンルに関わる用語法では分析できないような多様なジャンルにまたがる媒介的なものとして論じる方法を身につけることを目標とする。鍵となるのが、メディウム(媒体)という概念である。媒体はその言葉が示す通り単一ではありえない。常に複数の事物を媒介するものとしてのみ表れる。この意味では、媒体はそれ自体技術の基礎となる。一方ですべての技術がメディウムに帰結するわけではない。メディウムは技術の可能性を成立させる基盤(母体)であるが、技術はメディウムの可能性のすべてをくみつくすことは決してできない。この授業では作品を成立させている技術(テクネ―)の分析を通してメディウムの性質に肉薄すること/メディウムの性質の分析を通して作品を成立させている技術(テクネ―)に肉薄することを目標とする。
 今回は特に(生産物ではなく)具体的な生産過程の分析を行う、統合的な主体概念の意図から演繹的に作品が生産されるという図式ではなく、制作過程のなかから事後的に主体および作品の重層的な意味が生成してくるという制作過程モデルを考察する。まずはじめに考察対象とされるのはシュルレアリスムである。(生産物=作品として作られたシュルレアリズムではなく、生産プロセスの脱構築、表現主体の脱中心化、解体の方法としてのシュルレアリスムの可能性を探る。

 この演習で扱う具体的な分析対象としての作品は、縦軸と横軸の広がりを持って展開するだろう。歴史や同時代性が先にあるのではなく、メディウムの媒介性が歴史や同時代性を組織していくことが具体的に体験され、歴史批判としての認識を深めることを期待する。
 メディウムは不定形な性質を有している。例えば、ジョン・ロックが論じた第一性質と第二性質という区分にのっとれば、メディウムの持つ性質は第二性質ではない、すなわち感受する側の感受性においてのみ成立するわけではない。もう一方で、メディウムの持つ性質は第一性質には当てはまらない。というのは、メディウムはそれ自体では対象として存在を示しえないからである。メディウムは常に複数の異なる物質に分裂して現れる。あるいは、複数の物質を関係づけるものとしてのみ現れる。メディウムの出現は、人間が知覚するかどうかとは無関係である。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M210-0131A
文化ダイナミクス演習III
岡﨑 乾二郎
A1 A2
木曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 8-113
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
学期の前半では、講師から1週間前に課題を提示し、次週に受講生全員で課題について議論する。学期の後半では、授業の参加者から課題を提示してもらい、次週に提題者の発表を行ったうえで、受講生全員で課題について議論する。  初回の授業から読書課題に基づく討議を行う。授業への参加を希望する学生は、『マルセルデュシャン全著作』所収の「
授業の方法
:  学期の前半は、講師からの課題を基に、授業参加者全員で議論する。学期の後半は、各回の発表者を決め、発表者の提題の後に、受講者全員で議論する。各回の発表者は自分の発表の1週間前に課題(分析対象となる作品など)を提示した上で、発表の準備を行うこと。
成績評価方法
 授業内での発表・議論への貢献度・期末課題を総合的に判断する
教科書
 「授業計画」にも示したように、 T. S. エリオット. 「伝統と個人の才能」. 矢本貞幹(訳)『文芸評論集』所収, (岩波書店, 1962年), は読んでおくこと。 初めの数回に扱うのは、ジェイムス・クリフォード「文化の窮状 二十世紀の民族誌学、文学、芸術」人文書院の予定である。初回は同書、第二部第4章 民族誌的シュルレアリスムについて を扱う
参考書
 受講生の提題に応じて随時提示する。
履修上の注意
 作品分析に際して、実際に作品のモデル(模写・模型)を作成する演習を行う。受講を希望する学生は、1.スマートフォン程度の写真機、2.ぺんてるの専門家用パス(36色セット)を画材店などで授業開始前に入手すること。