大学院
HOME 大学院 文化ダイナミクス演習II
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

文化ダイナミクス演習II

「大地」の表象文化論(3)
ペーター・サンディの『異星人のもとにいるカント(Kant chez les extraterrestres)』(2011)をテクストとして、現代思想や映像文化における「大地」の表象について考察する。この学期はおもに同書第二部の(表題にもなっている)「異星人のもとにいるカント」を読む予定だが、そこでおもに扱われるのはカントの「天界の一般自然史と理論」(1755)、『判断力批判』(1790)、『実用的見地における人間学』(1798)をはじめとする諸テクストである。

以上の講読および討議を通じて、フランス語で書かれたテクストの読み方を学びつつ、そこから何らかの有意義な問題を引き出すことが、本授業の目的である。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M210-0120S
GAS-IC6A12S1
文化ダイナミクス演習II
星野 太
S1 S2
火曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場14号館 708室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
総合文化研究科
授業計画
第01回 教員によるイントロダクション 第02回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(1) 第03回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(2) 第04回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(3) 第05回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(4) 第06回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(5) 第07回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(6) 第08回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(7) 第09回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(8) 第10回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(9) 第11回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(10) 第12回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(11) 第13回 Kant chez les extraterrestres:Kant chez les extraterrestres(12)
授業の方法
講義、講読、発表、討議。
成績評価方法
講読、発表、討議への貢献を総合的に評価する。 受講者の人数によっては期末レポートを課す可能性がある。
教科書
Peter Szendy, Kant chez les extraterrestres. Philosofictions cosmopolitiques, Paris, Minuit, 2011. 講読範囲のテクストは教員が用意・配布する。
参考書
講義中に指示する。
履修上の注意
履修者がフランス語の初等文法を身につけていることを前提に授業を行なう。ただし、フランス語を学び始めたばかりの者は、おもに英訳(Kant in the Land of Extraterrestrials: Cosmopolitical Philosofictions, Fordham University Press, 2013)を参照しながら授業に参加しても構わない。
その他
この授業は原則的にすべて対面で行なう。 履修を検討している者は初回に教室に集合すること。 また、LMSに掲示するアナウンスを随時確認すること。