学部前期課程
HOME 学部前期課程 学術フロンティア講義 (とわに悦ばしきイタリア地中海)
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年9月16日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

学術フロンティア講義 (とわに悦ばしきイタリア地中海)

とわに悦ばしきイタリア地中海
2013年度から教養学部後期課程に「イタリア地中海研究コース」が発足しているが、広く前期課程の学生にもイタリア文化圏や古代中世の地中海文化圏に親しんでもらうことを目的とする講義シリーズを学術フロンティア講義として隔年で開講している。
講師は、後期課程の上記コースに関与する教員だけでなく、全体の半数程度はコース外から気鋭の講師を招待する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31526
CAS-TC1100L1
学術フロンティア講義 (とわに悦ばしきイタリア地中海)
高橋 英海
S1 S2
木曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場1号館 166教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
【授業計画】 リレー講義方式。初日にガイダンスを行う。講義予定は以下の通り。 4月7日:イントロダクション(高橋英海) 4月14日:村松真理子 「地中海をイタリアから見るー古代のイメージの継承」 4月21日:宮坂真紀 「18世紀ヴェネツィアのカフェと文学」 4月28日:芳賀京子 「ヴェスヴィオ山噴火で埋もれた古代遺跡とその美術」 5月12日:日向太郎 「ホメロス叙事詩とギリシア人」(仮) 5月19日:筒井賢治 「キリスト教のはじまり」 5月26日:田中創 「便所で頓死した教皇――西ローマ帝国下の地方の実態」 6月9日:高橋英海 「地中海から黄海まで:シリア・キリスト教に関わる最近の発見」 6月16日:伊藤亜紀 「ぜいたくは敵か?ーーモードvs奢侈禁止令」 6月23日:松田陽 「ソンマ・ヴェスヴィアーナにおける古代ローマ遺跡の発掘調査」 6月30日:山本芳久 「トマス・アクィナスとスコラ哲学」 7月7日:藤崎衛 「中世の地中海と十字軍」(仮) 7月14日:山﨑彩 「プリーモ・レーヴィとケンタウルス」
授業の方法
講義形式
成績評価方法
レポートによる評価
履修上の注意
特になし