学部前期課程
HOME 学部前期課程 全学自由研究ゼミナール (ブランドデザインスタジオ25 新しい「幸せ」のブランド (探求編))
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

全学自由研究ゼミナール (ブランドデザインスタジオ25 新しい「幸せ」のブランド (探求編))

ブランドデザインスタジオ25 新しい「幸せ」のブランド (探求編)
●プログラムについて
『正解のない問いに、共に挑む』特別教育プログラムです。参加者の皆さんが今後、広く社会一般で活用し得る「共創」の手法を「21 KOMCEE (理想の教育棟)」を舞台に、東京大学×博報堂ブランド・イノベーションデザインのコラボレーションにより学んでいただきます。全回、ワークショップ形式で行われ、現役の広告会社社員、ブランド・コンサルタントがプログラム・デザインおよびファシリテーションを担当します。参加者でプロジェクトチームを結成し、チームでテーマに関するリサーチと分析を行ってもらうことを予定しています。
【URL】http://www.bdstudio.komex.c.u-tokyo.ac.jp/*****

●テーマについて
みなさんにとって、「幸せ」とはなんでしょうか?
日本政府は2021年6月18日に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2021」の中で、これからの「政府の各種の基本計画等について、Well-beingに関するKPIを設定する」ことを表明しました。同日に発表された「成長戦略実行計画案」では「国民がWell-beingを実感できる社会の実現」を目指すことも述べられています。
背景には、2011年からOECD「より良い暮らし指標(Better Life Index)」を、2012年から国連が「世界幸福度報告(World Happiness Report)」を、それぞれ調査・公表し、2019年にはニュージーランド政府が「幸福予算」と訳されるウェルビーイング重視の予算編成を行うなど、世界的な「幸せ」や「ウェルビーイング」への注目の高まりがあるとされます。
 
私たちにとって非常に基本的なことがらでありながら、いま、改めて様々な議論がなされている「幸せ」や「ウェルビーイング(※)」。今回のブランドデザインスタジオは、この「幸せ(Well-being)」という概念をテーマとして取り上げます。 (※Well-beingは、直訳すると「善いあり方」。幸福、福利など様々な訳語があてられ、必ずしも「幸せ」と同一ではありませんが、この授業ではこの2つの言葉を検討・分析いただきたいと思います。)
参加いただく皆さんには、多様なリサーチや議論を通じて、「幸せ」を多面的に捉え直してもらいます。東京大学の研究者やみなさんの周りにいる若者など、さまざまな方をインタビューし、集めた情報を分析・統合し、「幸せ」について社会が抱える課題や生活者が期待する価値を深掘りしていただくことを予定しています。本授業における最終成果物として、「幸せ」についての、読み手を触発するクリエイティブな分析レポートを創出していただきたいと思います。授業終了後には、一般公開する形でプレゼンテーションをしていただく予定です。
 
なお、今年度の「ブランドデザインスタジオ」は、Sセメスター・Aセメスター通じて、「幸せ」をテーマとする予定です。Aセメスターでは、Sセメスターで制作した分析レポートに立脚し、「幸せ」に関する具体的な商品やサービスのアイデアを創造していただくことを予定しています。2セメスター通してのご参加を推奨いたしますが、Sセメスター・Aセメスターいずれかのみのご参加も歓迎します。

「幸せ」とは、何か? 根源的であり、かつ新しい、この問いにじっくりと向き合いたい。そんなあなたの参加をお待ちしています。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31469
CAS-TC1200S1
全学自由研究ゼミナール (ブランドデザインスタジオ25 新しい「幸せ」のブランド (探求編))
真船 文隆
S1 S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
その他(学内等) シラバス参照
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
YES
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
集中講義として設定されています。基本的には木曜日17:30~20:30での「ワークショップ」として授業を行います。詳しくはガイダンスおよびHP (http://www.bdstudio.komex.c.u-tokyo.ac.jp/*****)で確認してください。 対面でワークショップを行う回とオンラインでワークショップを行う回を交えて行います。 新型コロナウイルス感染症の流行の動向に応じて、対面ワークショップとオンライン・ワークショップの回数を調整します。授業初回のガイダンスで方針をお伝えします。 4月7日(木) 17:30~20:30にワークショップ体験会およびガイダンスを実施します。3時間通し(途中休憩あり)での体験会・ガイダンスとなりますが、受講希望者は必ずガイダンスに出席してください。 ※このガイダンスはオンライン開催となります。ZOOMのURLをITC-LMSに掲載しますので、ご確認の上ご参加ください。
授業の方法
講義などの一方的な知識伝達スタイルではなく、参加者自ら「参加」「体験」し、グループの相互作用の中で何かを学びあい、創出し、合意形成していく「共創」の手法で行います。 具体的には、情報収集・活用の方法(KJ法等)、フィールドワークの手法、発想の手法(ブレイン・ストーミング等)といった様々な思考方法を体験学習出来るとともに、チームワークスキル、コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルといった社会一般で必要とされる基礎スキルの習得も行えます。
成績評価方法
全ての授業への参加を前提に、個人ワークの提出内容、グループワークへの貢献、最終プレゼンテーション内容により評価します。
履修上の注意
4月7日17:30~20:30にワークショップ体験会およびガイダンスを実施します。 履修者数は40名以下とします。受講は全ての授業に出席することが必須条件です。
実務経験と授業科目の関連性
本授業は、東京大学と株式会社博報堂の協働により開催されます。博報堂内のブランディング、イノベーション支援専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」のブランド・コンサルタントやクリエイターがプログラム・デザインおよびファシリテーションを担当します。参加者のみなさまには、博報堂で実際に実践されているリサーチ手法、コンセプト開発手法、アイデア発想手法を体験いただきます。