学部前期課程
HOME 学部前期課程 学術フロンティア講義 (UT-ONE(1年生全員向けProject Debut Stage))
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

学術フロンティア講義 (UT-ONE(1年生全員向けProject Debut Stage))

UT-ONE(1年生全員向けProject Debut Stage)
ようこそ、受験勉強からプロジェクトの世界へ!

UT-ONEは、1年生3000人全員で同時進行を目指す超大規模なプロジェクト実践型オンライン講義です。

東大の様々な講義で使われているチャットツール Slack の解説から始まり、他のプロジェクト型講義の紹介やプロジェクト実践のノウハウを共有していきます。金曜5限にリアルタイム開催しますが、講義の動画はSlackで共有されますので、タイムシフトで受講できます。

また、対面でのプロジェクト体験として、同じことに興味を持つ違う科類の1年生とのマッチングランチ会と駒場クエストという約1時間のキャンパス内探索の2つを開催。4月中にそれぞれ1回以上参加しフォトレポートを提出すれば、主題科目の1単位が取得できます。

UT-ONEのSlackは、1年生が大学生活をより楽しむためのポータル・コミュニティでもあります。
同じ講義を受けている人がリアルタイムにつぶやきあえるチャンネルや、上級生と交流しながらプロジェクトに挑戦したり大学生活について質問できる環境が整っています。

5,6月には複数のテーマから1つを選び、仲間と共に挑戦できるプロジェクト実践編も用意しています。週1回30分のオンライン講義でノウハウ習得とペースメイクをしながら、4月に出会った仲間とプロジェクト活動を実施し、6月末の講義最終回でその苦労と喜びを発表します。

5,6月のプロジェクトの例(仮)
企業コラボ:3D Printerのエンジニアリング会社とものづくり、イノベーション系メディアに新トレンドの記事掲載
社会課題解決:地元の中高生に東京や大学の生活を紹介、駒場の商店街マップ&外食キャンペーン
文化・国際:外国人留学生と書道イベント&文化比較、留学生と共にその国のゲームの体験会を開催

東大にある多様な学びの場を知り、社会課題と向き合う自分自身を知り、同じ思いを持つ仲間と出会って一緒にプロジェクトをやってみることで、社会と自分との関係を考える出発点とする。
それが、あらゆる創造と挑戦の源泉、アントレプレナーシップ(起業家精神)の第一歩だと私たちは信じています。

起業・アントレプレナーシップ・イノベーションに興味がある方はもちろん、正解がある受験勉強を終え自分なりの答えが求められる社会に出るまでの間に、創造的な協働作業を楽しいと思える自分になりたいと思うすべての1年生を歓迎します。


----------------------------------------------------------------------------
※このゼミは4月6日(木)6限(18:45~)Zoomで行われる工学部合同説明会への参加を予定しています。
ZoomのURLは後日UTAS掲示板のお知らせにて周知いたします。

※本講義はソニー東大社会連携講座Ignite Your Ambitionと東大生メディアUT-BASEのコラボにより企画・運営されています
 昨年度にUT-ONEを受講した学生がスタッフとして参加しています
----------------------------------------------------------------------------
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31440
CAS-TC1100L1
学術フロンティア講義 (UT-ONE(1年生全員向けProject Debut Stage))
杉上 雄紀
S1 S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
YES
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
講義は金曜5限17:05~18:35にオンラインで実施しますが、都合がつかない人は後日動画を見て活動するタイムシフト参加も可能です。昨年度も約半数がタイムシフト参加でした。 4月中は、講義の時間外に1年生同士でSlackで連絡を取り合ってランチ会や駒場クエストを行います。 5,6月は、講義は30分程度になり、自分たちでPJを遂行していきます。
授業の方法
オンライン活動にはZoomまたはYouTube Live、チャットツールSlack、オンラインホワイトボードMiroを用いる コールセンター方式で教室から参加は可能だが、場所は問わない
成績評価方法
UT-ONEのSlackへの参加、およびランチ会と駒場クエストのフォトレポート1回づつの提出 (4月中の活動で1単位取得、5,6月は単位取得とは直接関係ないが、参加を推奨)
履修上の注意
オンラインではPCでの参加を推奨 対面ではマスク・換気・消毒といった感染症対策の実施を推奨
実務経験と授業科目の関連性
ソニーで社内ベンチャーを立ち上げてソニーで新規事業創出のプロデューサーをしている杉上が非常勤講師として全面監修・講義進行する、ソニー東大藝大社会連携講座の一環の講義です 東京芸大やデジタルハリウッド大学の学生と共に行うスタートアップ創出活動に興味があれば「スタートアップ・トレーニング」の受講も検討ください。