学部前期課程
HOME 学部前期課程 ジェンダー論
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

ジェンダー論

セクシュアリティとジェンダーの社会学
 セクシュアリティとジェンダーについて、大学生として最低限知っておくべき知識を伝える講義です。 
 前半のセクシュアリティ編については、「下ネタの講義」という誤解、風評被害に悩まされていますが、きちんと履修した学生さんはそのような感想を決して持たないはずです。そういった愚かな反応がなぜ起きるのかも含めて、一貫した問題意識の下で「社会科学の立場から性を考える」とはどういうことなのかについて論じていきます。「本能」だと勘違いされている「性」を自然科学とは異なるアプローチで読み解きます。
 ジェンダー編は、みなさんの人生設計そのものに関わります。この講義は東大全体で女性の履修者がもっとも多いもので、優秀な女子学生の未来が、男子学生のそれとどう関わりを持つのかについても、この講義を通じて、考えてもらいたいと思います。
 新書を教科書として指定していますが、それに則って講義をするのではありません。これでカバーされるのは講義の1~2回分です。講義で触れるいくつかの論点については、『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア』の中でも言及しています。

※このところ受講者が大幅に増加したことに伴い、SNSで不正確な情報が飛び交うようになりました。匿名の二次情報などに惑わされない程度のメディアリテラシーを持ってください。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
30799
CAS-GC1C23L1
ジェンダー論
瀬地山 角
S1 S2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
前半はセクシュアリティ編。恋愛結婚という「奇妙な」制度の誕生から説き起こして、性と社会との関係について考えていきます。同性愛、性別違和(性同一性障害)といった性的マイノリティのこと、性的同意とは何か、性感染症や避妊、東大生による性暴力事件、そして買売春や性の商品化など、高校までではあまり正面から扱ってこなかったトピックに言及しますので、大学生のみなさんにとっての性教育のような意味も持つと考えています。しかし中心は、社会科学の視点から「性」を考える点にあります。 後半はジェンダー編。世界の中で、東アジアの中で、日本がジェンダーに関してどのような特徴を持つ社会なのかを示しながら、少子高齢社会にどう向き合っていくべきなのかを考えます。ワークライフバランス、女性が主婦になるのか、働き続けるのか、といった問題が決して女性だけの問題ではなく、むしろ男性の問題であり、日本社会が直面する大きな課題とつながっていることを理解してもらいたいと思っています。 前半・後半、いずれも理系の学生さんを含めて、みなさんの人生設計に直結する問題群です。日本の高校教育では充分に扱われていませんが、それ故なおのこと、現代の社会を生きていく上での必須の知識を伝える場だと考えています。
授業の方法
講義形式 1323教室では対面で行います。Zoomでも配信しますが、人数が多いときには1321教室を使ってPV方式を併用します。
成績評価方法
期末試験
履修上の注意
Zoomを併用するため、コロナ禍以降、履修者よりも受講者が多い状態が続いています。本郷キャンパスを含め、東京大学の学生・院生であれば、受講について特に制限を設けるものではありません。ただURLが絶対に学外に流出しないよう管理をお願いします。