学部前期課程
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

歴史Ⅰ

東南アジア近現代史概論
本講義では主に19世紀半ばから現在に至るまでの東南アジア史を扱います。東南アジアにおける「近代」であり、おおまかに言うと、独立前と独立後にそれぞれの二つの経路があります。独立前には、東南アジア大陸部においては伝統国家が西洋帝国主義に支配されます。それに対し、東南アジア島しょ部では交易のネットワークが明確な領域を持つ植民地に組み込まれます。その後それぞれが独立していきます。そして、一方では共産主義を国家の体制に組み込まれるベトナムなど、他方では資本主義体制を是とするフィリピン、マレーシア、シンガポールがあります。それが、1990年代前後には市場経済化され、一部の国は民主化されます。

近年では、グローバル・ヒストリーが旺盛であり、歴史認識の単位としての国民国家を乗り越えて、人々の繋がりが強調されます。他方、東南アジアにはインドネシアから東ティモールまで11の国民国家が存在しており、近現代においては、それぞれが固有の歴史を歩んできたと考えることもできます。また、東南アジア地域主義の結実としてASEANが論じられますが、そこでも国家代表による合議という側面も否定できません。

そこで、本講義では、
【第1部】19世紀半ばまでの東南アジア世界
【第2部】各国のナショナリズム、それぞれの植民地主義の影響
【第3部】日本占領の衝撃
【第4部】独立後:共産主義、開発主義、地域主義の模索
と時系列的に扱います。インドネシア、マレー、フィリピン、ビルマ(ミャンマー)、ベトナム、タイ(シャム)の主要なナショナリズムおよび国民国家を中心に取り扱います。ただし、第7回ではラオス、カンボジアを扱い、第9回ではラオス、第11回ではカンボジアにも触れます。第12回では「小国」を論じます。

基本的な認識としては、人権や民主主義の没落の問題はあるにせよ、それなりの共存が達成され、それなりに安定した地域形成がされてきたのが、この地域の特徴です。多様であり衝突するが極端に酷いことにはならない、他者に対する不満はあるが、おおむね大規模な武力衝突は回避する、というような行動様式がそれなり機能してきており、域内の大国が覇権を求めることを自制するという謙虚さもあります。それぞれの国のナショナリズムが強く、国力が増すと覇権や倫理的優位性を求めるという東アジアの近現代史とも、基準を設定しその基準を達成できない人々に対しては暴力と支配を厭わないという西洋の近現代史とも異なる歴史が東南アジアにはあります。本授業では、国民国家中心というやや古臭いアプローチを基調としつつも、この地域に対する理解を深めることを目標とします。 
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
30166
CAS-FC1731L1
歴史Ⅰ
岡田 泰平
S1 S2
月曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場5号館 525教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
【第1部】19世紀半ばまでの東南アジア世界 1.ガイダンス、人口、自然環境 2.「風下の世界」:世界宗教の流入、移民 【第2部】各国のナショナリズム、それぞれの植民地主義の影響、 3.東インド(インドネシア):地域的多様性、イスラームの受容と展開、近代的改革の諸相 4.フィリピン:キリスト教とイスラーム、革命、アメリカ流の制度構築 5.マラヤ:移民社会、分割統治、マレー文化ナショナリズム 6.ビルマ(ミャンマー)とタイ:伝統王朝、開明君主、植民地化と独立維持 7.ベトナム:儒教社会、東遊運動、共産主義 【第3部】日本占領の衝撃:継続論か断絶論か (8回目冒頭で紹介) 【第4部】独立後:共産主義、開発主義、地域主義の模索 8.インドネシアとフィリピン:共産主義勢力、開発主義という選択、大衆行動と民主化 9.ベトナムとビルマ(ミャンマー):共産主義体制、貧困の平等、国家による管理と国民の敵 10.マレーシアとシンガポール:エスニシティの政治、中進国の罠と先進国の憂鬱、「アジア的民主主義」論 11.タイ:民主―軍政―王の介入というサイクル、民主化と経済格差、「部分的自由」という民主主義? 12.ブルネイ・ダルサラームと東ティモール:東南アジアにおける「小国」、利益の独占か最後の脱植民化か 13.ASEAN:利害調整の枠組みか、共通の文化基盤か
授業の方法
基本的に講義の授業です。課題文献も課しません。その代わりに、以下のサイトおよび授業のレジュメで参考文献は掲示しますので、それを読むようにしてください。また、授業中には適宜質問を入れますので回答してください。3回目以降もスマホやノートパソコンを持ってきてください。そこから記入してもらいます。授業後にはITC-LMSのアンケート機能を用いて簡単なリアクションペーパーを書いてもらいます。 https://taiheiokada.com/***** 授業内容=>2022年度Sセメスター=>歴史I「東南アジア近現代史概論」
成績評価方法
コロナ禍の状況にもよりますが、対面での期末テストを考えています。基本的には記述方式にする予定です。
履修上の注意
良い成績を目指すのであれば、参考文献を読んで、能動的に取り組んでいただく必要があります。アジア史、アジア地域研究はもとより、国際関係論に関心がある学生さんの要望にも応える授業にしようとしています。他方、最近の歴史学、例えば、ジェンダー史や、民族的少数者の歴史については、おそらく本授業で触れる余裕があまりないと思います。社会的・歴史的背景は踏まえますが政治史中心になります。