大学院
HOME 大学院 会計規制と財務報告制度
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

会計規制と財務報告制度

会計測定の理論
ディスクロージャー制度のもとで開示される利益の計算・開示を支える基礎理論の修得に努める。(経済的)所得を用いて企業会計上の利益を意義づけることが主要な検討課題となる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
291528-01
GEC-MA6528S1
会計規制と財務報告制度
米山 正樹
A1 A2
火曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
経済学研究科
授業計画
利益の基礎概念に関する先行研究から知見を得るように努める。
授業の方法
テキストの輪読を行う。ただし講義参加者の希望に応じてレクチャー形式を併用することは妨げない。
成績評価方法
授業の参加態度と課題レポートを総合的に勘案する。
教科書
さしあたり講読予定のテキストは以下のとおりである。最終的には履修者と相談のうえ決定する。 Kees Camfferman and Stephen A. Zeff, "Aiming for Global Accounting Standards: The International Accounting Standards Board, 2001-2011"
参考書
必要であれば開講時に適宜指示する。
履修上の注意
【履修のための条件(要求する事前準備)】 最低限の会計知識を前提とする。会計の知識を欠く場合は経済学研究科設置科目「企業会計」などの履修を薦める。