大学院
HOME 大学院 租税競争の理論
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年4月21日

租税競争の理論

租税競争の理論/Theories of tax competition
租税競争理論についての解説を行う。参加者が、授業で学んだ基礎理論をもとに新たなモデルを提示できるようになることを授業の到達目標とする。
The course provides an explanation of tax competition theory. The goal of the class is for participants to be able to present new models based on the basic theories learned in the class.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
291313
GEC-EC6823L2
租税競争の理論
小川 光
S2
火曜3限、火曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
国際学術総合研究棟 516演習室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
経済学研究科
授業計画
第1回    租税競争理論の背景/Background of Tax Competition Theory 第2回    基本モデル/Basic Model 第3回    財政外部性/Fiscal Externality 第4~12回 租税競争理論の展開/Development of Tax Competition Theory 第13回   まとめ/Summary
授業の方法
講義形式・学生による発表/Lectures and student presentations
成績評価方法
構築したモデルを説明するレポート/A report on the model constructed by the student
教科書
特になし(授業中にリーディングリストを配布)/ None (Reading list will be distributed in class)
参考書
(1)Andreas Haufler (2001), Taxation in a Global Economy, Cambridge University Press. (2)Michael Keen and Kai A. Konrad (2013), The Theory of International Tax Competition and Coordination, in Handbook of Public Economics Volume 5, edited by Alan J. Auerbach, Raj Chetty, Martin Feldstein and Emmanuel Saez.
履修上の注意
租税競争理論は、ミクロ経済理論をベースに各国政府の戦略的政策決定を描写しようとする研究分野であるので、基礎的なミクロ経済理論の知識(最適化問題、比較静学、同時手番・逐次手番ゲーム、繰返ゲームなど)を前提とする。 Tax competition theory is a research field that describes the strategic policy decisions of governments based on microeconomic theory. Therefore, knowledge of basic microeconomic theory (optimization problems, comparative statics, simultaneous- and sequential-move game, repeated games, etc.) is assumed.