大学院
HOME 大学院 Introduction to International and Cross-Cultural Education
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

Introduction to International and Cross-Cultural Education

Instructors: Hideto Fukudome, PhD (Professor, Dept. of University Management and Policy Studies/ CASEER, Graduate School of Education) Kazuaki Iwabuchi, PhD (Assistant Professor, CASEER, Graduate School of Education) This course is a school-wide course offered as part of the teaching by the Center for Advanced School Education and Evidence-based Research (CASEER), a research center affiliated with the Graduate School of Education. SPICE (The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education) at Stanford University, which has exchanges with CASEER, will be the host institution. The course will be held in late January 2024. We will visit three universities in California Bay Area: Stanford University, the University of California, Berkeley, and Foothill College (a community college in the suburbs of Stanford). The students will attend lectures, seminars, and workshops. In addition, the participants will visit cultural institutions that contribute to the understanding of different cultures and diversity to promote multilateral understanding. *SPICE is a program of the Freeman Spogli Institute for International Studies at Stanford University. Since 1976, SPICE has supported efforts to internationalize K–12 and community college curricula. SPICE runs many online educational programs for American, Japanese, and Asian students. https://spice.fsi.stanford.edu/***** 教育学研究科の附属研究センターである学校教育高度化・効果検証センター(CASEER)の教育活動の一環として開設される研究科全体の共通科目である。2024年1月下旬にアメリカ合衆国のスタンフォード大学など、いくつかの大学を訪問する集中講義として開設する。CASEERと交流しているスタンフォードのSPICE(Stanford Program on International and Cross-Cultural Education)が受入先となり、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、スタンフォード近郊のコミュニティカレッジのひとつであるフットヒルカレッジ(Foothill College)の3つの大学を訪問し、大学関係者にゲスト講義を依頼し、講義とワークショップを受講する。また、異文化や多様性理解に資する文化施設を訪問し、多角的な理解を促進する。
In the class, international and cross-cultural education will be the central theme. At the same time, the class aims to deepen understanding of human diversity more broadly and to help students acquire a sense of citizenship (global citizenship) for building a society more inclusive of diverse people.
In addition to deepening theoretical understanding of different cultures, diversity, and social inclusion, students are expected to be aware of how to change their individual awareness and behavior. We will also emphasize dialogue among faculty members, guest lecturers, and students with related interests.
We welcome students willing to learn from and with others.

授業では、国際・異文化間教育を中心的テーマとする。合わせて、より広く、人間の多様性に対する理解を深め、多様な人々を包摂しうる社会の構築に向けた市民性(グローバル・シティズンシップ)の獲得を目的とする。こうした授業の狙いに基づき、異文化、多様性、社会的包摂に対する理論的理解を深めることはもとより、受講生個々人の意識や行動の変容につなげることを意識してもらいたい。また、関心を共有する教員、ゲスト講師、受講生間の対話を重視する。他者との学び合いを志向する学生の受講を歓迎する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
23-214-20
GED-ZZ6101L2
Introduction to International and Cross-Cultural Education
福留 東土
A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教育学研究科
授業計画
The intensive program in late January will cover approximately the following topics. The order is subject to change. Some preliminary sessions will be held in Japan before our trip to the U.S. Details will be announced as soon as possible. Day 1: Stanford University (1) Day 2: Stanford University (2) / Foothill College Day 3: University of California, Berkeley Day 4: Japantown and Japanese American Museum (San Jose) Day 5: Angel Island and Old Immigration Office (San Francisco) 1月下旬の集中講義ではおよそ以下の内容を予定している。順序は変更の可能性がある。 アメリカ渡航前にいくつか事前セッションを日本で開催する。詳細は追って連絡する。 第1日目 スタンフォード大学(1) 第2日目 スタンフォード大学(2)/ Foothill College 第3日目 カリフォルニア大学バークレー校 第4日目 ジャパンタウン、および日系アメリカ人博物館(サンノゼ) 第5日目 エンジェル島・旧移民局(サンフランシスコ)
授業の方法
Lectures by faculty and guest lecturers Seminars Workshops Discussions among students 教員とゲスト講師による講義、研究セミナー、ワークショップ、受講生間のディスカッション
成績評価方法
Class participation and a final report 授業への参加度合、および期末レポートによる。
教科書
TBD 授業中に指示する。
参考書
TBD 授業中に指示する。
履修上の注意
We will use Google Classroom to communicate with students and submit assignments in this class. All students attending the class must register at the following URL. この授業では、Google Classroomを活用して、受講生への連絡や課題提出などを行う。受講希望者は必ず、以下のURLから登録を行うこと。