大学院
HOME 大学院 市民社会・国家・教育
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

市民社会・国家・教育

教育と社会保障の関係性・再考
近年、社会保障における〈教育〉の役割への関心が高まっている。

例えば、現在の「子どもの貧困」対策の主流をなすのは人的資本論を背景とした社会的投資アプローチであり、学習支援などの教育的施策が重視される。予防的な観点からも、就学前の子どもへの保育・教育投資が、長期の貧困リスクの削減につながることが指摘される。成人に対しても、非正規労働者や生活困窮者に対する職業教育・訓練を通じた「自立支援」が有効とされるだけでなく、人的資本投資を社会保障の中心に据えるアクティベーションが北欧型福祉国家の中核にある仕組みとして「発見」され続けている。

以上の議論において強調されているのは、人的資本の形成支援が単なる弱者支援にとどまらず、経済成長や社会発展にとっても機能的であり、社会全体にプラスになるというメカニズムである。社会的投資という側面を強調する論理は中間層の支持も得やすく、近年の教育・社会政策の言説の中心に存在している。教育学領域における教育社会学的/教育経済学的問題設定の隆盛も、上記の文脈と無関係ではない。

一方で、このような「教育と福祉・社会保障の連携」は、排除を別の形で再生産・強化するという批判も行われるようになっている。

以上の文脈を踏まえて、教育と福祉・社会保障のクロスオーバーにおいて、いかなるリスクがあり、いかなる形が望ましいと言えるのか、理論的/実証的に検討することがこの授業の目的となる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
23-212-02
GED-IE6201S1
市民社会・国家・教育
仁平 典宏
S1
月曜3限、月曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教育学研究科
授業計画
第1回:イントロダクション 第2回:論文の検討とディスカッション(山口毅2020「生存保障への教育社会学的アプローチの失敗」『教育社会学研究』106 巻) 第3回~第14回:論文購読に基づくディスカッション
授業の方法
原則として、毎回指定された文献や論文を購読した上で、各自が簡単な購読メモを準備し、それに基づいてディスカッションを行う。
成績評価方法
平常点。具体的には、授業への出席・購読メモの提出・議論への参加を重視する。
教科書
初回の授業では、山口毅2020「生存保障への教育社会学的アプローチの失敗」『教育社会学研究』106 巻の論文を検討する。 https://www.jstage.jst.go.jp/***** もし可能であれば、簡単な感想やコメントをまとめた購読メモを作っておくこと。(形式任意) 2週目以降の授業で用いる論文については、初回に提示する。
参考書
倉石一郎2021『教育福祉の社会学:〈包摂と排除〉を超えるメタ理論』明石書店 大原社会問題研究所編2015『現代社会と子どもの貧困――福祉・労働の視点から』大月書店 佐々木宏・鳥山まどか編2019『教える・学ぶ――教育に何ができるか』明石書店 Ivar Lodemel, Amilcar Moreira, 2014, Activation or Workfare?: Governance and the Neo-Liberal Convergence, Oxford University Press.
履修上の注意
テーマに関心があれば専門領域は問わない。 毎回指定された論文を購読した上で、各自が簡単な購読メモを準備し、それに基づいて全体でディスカッションを行う。つまり毎回課題がある形になるので、がんばること。
その他
初回の授業では、山口毅2020「生存保障への教育社会学的アプローチの失敗」『教育社会学研究』106 巻の論文を検討する。 https://www.jstage.jst.go.jp/***** もし可能であれば、簡単な感想やコメントをまとめた購読メモを作っておくこと。(形式任意)