大学院
HOME 大学院 メディア感性学
過去(2023年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

メディア感性学

メディア論の英語文献講読
メディア論の分野における重要な英語文献を精読し、現代的なメディアの特性を理解する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21235052
GHS-CR6E02S1
メディア感性学
吉田 寛
S1 S2
金曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
マリー=ロール・ライアン『バーチャルリアリティとしての物語──文学と電子メディアにおける没入とインタラクティビティ(Narrative as Virtual Reality: Immersion and Interactivity in Literature and Electronic Media)』(第1版、2001年)を講読し、デジタルメディアの時代における文学、テキスト、世界経験、没入のあり方を考える。
授業の方法
演習形式。
成績評価方法
平常点により評価を行う。
教科書
Marie-Laure Ryan. Narrative as Virtual Reality: Immersion and Interactivity in Literature and Electronic Media. (Baltimore: Johns Hopkins University Press, 2001)
参考書
必要があれば授業内で指示する。
履修上の注意
授業への積極的な参加が要求される。