大学院
HOME 大学院 認知・言語の心理学演習
過去(2023年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

認知・言語の心理学演習

認知心理学や認知神経科学,およびそれらの関連分野における研究と人間社会の諸側面との関係についての文献を講読し,深く議論する。これらの分野の研究について大局的な視点を持てるようになることが目標である。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21230954
GHS-GC6I02S1
認知・言語の心理学演習
浅野 倫子
S1 S2 A1 A2
水曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
4
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
Paul Thagard (2019) “Mind-Society: From Brains to Social Sciences and Professions” をテキストとして講読し,認知心理学や認知神経科学等の研究と社会におけるさまざまな制度や構造との関係について議論する。 初回にガイダンスを行い,発表の担当スケジュール等を決める。その後は,毎回の担当の受講者の発表に基づき議論を行う。
授業の方法
輪読方式で行う。受講者は,指定テキストの割り当てられた箇所の内容を資料にまとめ,授業内の発表担当回に解説し,他の受講者からの質問に答えたり,議論を促進したりする。すべての受講者に,毎回の議論に積極的に参加することを求める。
成績評価方法
担当回の発表(資料や質疑応答を含む)の質,および,授業全体における議論への参加状況などから総合的に成績を評価する。試験は行わない。
教科書
Paul Thagard (2019). “Mind-Society: From Brains to Social Sciences and Professions”, Oxford University Press. ISBN: 978-0197618769(ペーパーバック) そのほか,必要に応じて授業中に指示する。
参考書
授業中に随時紹介する。
履修上の注意
1.初回授業のみ,ハイブリッド型(対面・オンラインの併用)で行う。 2.輪読方式で授業を行うため,受講者数に応じたスケジュールおよび内容調整を行う。 3.毎回,事前学習として,テキストの指定範囲を読んでくること。