大学院
HOME 大学院 批判的死生学
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

批判的死生学

批判的死生学 Critical Studies on Death and Life
この演習の目的は、死と社会、文化との関連について、政治・経済的観点を踏まえながら、批判的に考察する能力を養うことである。今期は、Tony Walter, Death in the Modern Worldを精読する。近代の先進産業社会における死にゆく過程、悲嘆の過程、葬送について、共通点と相違点を見てゆく。

The purpose of this seminar is to develop the ability to critically examine the relationship between death, society, and culture, taking into account political and economic perspectives. This term, we will closely read Tony Walter, Death in the Modern World. We will examine the similarities and differences in the process of dying, grieving, and funerals in modern industrialized societies.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21220834
GHS-GC6H02S1
批判的死生学
堀江 宗正
S1 S2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
法文1号館 313教室
講義使用言語
日本語、英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
以下は、Tony Walter, Death in the Modern Worldの目次である。授業では、受講生の能力に合わせて、できるところまで進める。 Introduction PART I: MODERNITY 1. Longevity 2. Medicine 3. Commodification 4. Communication 5. Death denial? PART II: RISK 6. Security and insecurity 7. The physical world PART III: CULTURE 8. Individual and group 9. Family 10. Religion PART IV: NATION 11. Modernizing the nation 12. War 13. Policy and politics PART V: GLOBALIZATION 14. Global flows 15. Death’s futures
授業の方法
全員で講読し、討論をする。 All students will read and discuss together.
成績評価方法
平常点とレポート Participation to the discussion and the term paper
教科書
Tony Walter, Death in the Modern World (入手が難しい人にはPDFを配布する)
参考書
授業の時に適宜示す Shown in the classroom
履修上の注意
学生の参加がなければ成り立たない授業である。欠席をせず、議論に積極的に参加してほしい。 Students' participation is essential to the success of this class. I hope you will not be absent and will actively participate in the discussions.