大学院
HOME 大学院 東京大学の歴史資産:埋蔵文化財と文化資源
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

東京大学の歴史資産:埋蔵文化財と文化資源

東京大学の歴史資産:埋蔵文化財と文化資源
 東京大学には、実に多様な歴史資産が存在する。1877年の開学以来蓄積されてきた資料群もあれば、今日の大学敷地内で開学以前に活動していた人々が残した資料群もある。前者については大学史や各分野の学問史の研究者たちが、後者については人類学・考古学・日本史学の研究者たちが中心となって、長年にわたって地道な研究調査を進めてきた。新たな文化資料体を開拓・資源化していく文化資源学の観点からは、東京大学の歴史資産は今後さらに充実化させ、次世代に継承していくべきものである。北は北海道から南は奄美大島までの50以上の大学施設所在地を丁寧に調べれば、大学の歴史資産は一層豊かになるに違いない。
 本講義では、東京大学の異なる部局に所属する教員たちが、リレー形式で東京大学の歴史資産を明らかにしていく。新型コロナ感染症の状況次第ではあるが、キャンパスツアーも実施する予定。過去から連綿と引き継がれた資産もあれば、発掘によって地中から出てきた資産もある。長らく放置されていたものに光が当たって資産になったもの、研究調査を通して今まさに資産になりつつあるものもある。東京大学に入学したのに、そこにある歴史資産を知らずに卒業していくのはもったいない。
 登壇予定者(五十音順・敬称略、変更の可能性あり)は、折茂克哉(駒場博物館)、加藤耕一(工学系研究科建築史)、田村隆(総合文化研究科日本古代文学)、成瀬晃司(埋蔵文化財調査室)、西秋良宏 (総合研究博物館)、堀内秀樹(埋蔵文化財調査室)、松田陽(人文社会系研究科文化資源学)、森下有(生産技術研究所)、森本祥子(文書館)。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21215004
GHS-CR6E01L1
東京大学の歴史資産:埋蔵文化財と文化資源
松田 陽
A1 A2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
法文1号館 113教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
授業スケジュール案(調整の可能性あり) Week 1: イントロダクション + 本郷・駒場キャンパス内の主要な場所の位置説明 Week 2: 本郷キャンパスツアー① Week 3: 東京大学構内の埋蔵文化財 Week 4: 赤門と溶姫御殿 Week 5: 駒場キャンパスの歴史資産 Week 6: 駒場の今昔―農学部と一高の面影― Week 7: 文書に刻まれた東京大学の歴史 Week 8: 本郷キャンパスツアー② Week 9: 古写真で見る東京大学 Week 10: 東京大学 歴史的建造物の残し方・使い方 Week 11: 三次元計測を通して見る東京大学の文化資源 Week 12: 総合研究博物館の博物資源 Week 13: 本郷の富士山
授業の方法
ハイブリッド授業(対面・オンラインのどちらにも重点を置かない)
成績評価方法
- 毎回の授業のコメント(200字以上)および期末レポート(3000字程度)。 - 授業コメント提出は出欠管理も兼ねる。 - 単位取得のためには、期末レポート提出および最低9回のコメント提出(すなわち最低9回の出席)が必須。
教科書
特になし
参考書
- 木下直之・岸田省吾・大場秀章2005 『東京大学本郷キャンパス案内』(東京大学出版会) - 東京大学キャンパス計画室編2018『東京大学本郷キャンパス 140年の歴史をたどる』(東京大学出版会)
履修上の注意
特になし