大学院
HOME 大学院 アメリカ南部文学研究 9
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

アメリカ南部文学研究 9

George Washington Cable演習
南北戦争敗退後、南部文化は負の烙印を押され歴史の闇に葬り去られた過去と、身に馴染み得ない北部由来の新しい戦後の真実としての近代合理主義・産業主義の現在とに引き裂かれ、呻吟していたのだが、こういう環境で仕事をしていた南部作家にマーク・トウェインがおり、この同時代にトウェインとも交流のあり、人気を二分するほどであったジョージ・ワシントン・ケーブルがいます。今期はこの作家を取り上げ、戦後南部の文化的混乱の実態について学びつつ、一方でトウェインと比べてのちの文学史にあってはオブスキュアな位置しかしめられなくなったその理由について小説美学の観点から、さらに戦後南部作家の脱・南部化の観点から検討してみてはどうだろうと思っています。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21213454
GHS-EA6D02S2
アメリカ南部文学研究 9
後藤 和彦
S1 S2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
文学部3号館 英文辞書室
講義使用言語
日本語/英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
授業計画の詳細については、授業開始前にはICT-LMSにアップロードいたしますので、そちらもよく注意して下さい。 使用するテクストを授業回数で分割し、読み進み読み終わる方式をとります。 第1回 取り上げる作家、作品、授業方法等に関するオリエンテーション 第2回 John March, Southerner読解第1回 第3回 John March, Southerner読解第2回 第4回 John March, Southerner読解第3回 第5回 John March, Southerner読解第4回 第6回 John March, Southerner読解第5回 第7回 John March, Southerner読解第6回 第8回 John March, Southerner読解第7回 第9回 John March, Southerner読解第8回 第10回 John March, Southerner読解第9回 第11回 The Grandissimes全体要約 第12回 The Grandissimesディスカッション 第13回 授業を振り返り、取り上げた作家・作品に関する見解をまとめる。
授業の方法
授業各回ごとに数名の担当者を決めますので、担当を割り当てられたひとびとは、事前に検討を行い、担当箇所に関する重要点などをまとめたハンドアウトを用意し、これをクラス全員にコピー配布します。配布されたハンドアウトに関する担当者の解説を皮切りに、クラス全体で議論を行います。
成績評価方法
担当授業におけるプレゼンテーション(40%) 、授業中不定期に課すレスポンスペイパー(20%) 、最終授業時に提出を求める4000字程度のレポート(40%)
教科書
1. George Washington Cable, John March, Southerner (Garrett Press, 1970). SBN512000743 2. George Washington Cable, The Grandissimes (U of Georgia P, 1988). ISBN0830310204 授業受講者は各自上記の入手を試みてもらいたいが、1についてはページレフェランスが同じPDFがあるので、それをITC-LMSにアップロードする予定です。2についてはどんな版でもかまいません。
参考書
Louis D. Rubin, Jr., George Washington Cable: The Life and Times of a Southern Heretic (Pegasus, 1969)、ジョージ・ワシントン・ケイブル『グランディシム一族』(杉山直人、里内克己訳、彩流社、1999年)他、授業中に適宜指定する。
履修上の注意
取り上げる作家、作品についてあらかじめインターネットなどを利用して下調べをしておいてください。