大学院
HOME 大学院 西アジア先史文化研究2
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

西アジア先史文化研究2

西アジア先史文化研究
食料生産経済、すなわち農耕牧畜の開始は、その後の人類史の行方を決定づける重大事件であった。西アジアは世界でもっとも早く、1万年以上も前に食料生産経済が発生した地域であり、発生プロセスを他地域からの影響なしに考察できる数少ない地域の一つである。この授業では、約1万年前から7000年前頃にかけての西アジアの考古記録を整理し、最初期の食料生産社会がたどった発展の経緯について学ぶ。
 講義は、適宜、総合研究博物館の収蔵標本を参照しながらすすめる。また、この分野の研究においては東京大学の研究者によるフィールドワークが多くの貢献をなしてきている。それらの成果や現在進行中のプロジェクトなどにも言及し、研究の最前線が理解できるようにする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21210314
GHS-GC6B01L1
西アジア先史文化研究2
西秋 良宏
A1 A2
火曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
東文研及総合博物館 3階第1演習室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
1〜3)先土器新石器時代.4~7)土器新石器時代.8~12)新石器時代の拡散. 13) 総合討論
授業の方法
講義と質疑応答による
成績評価方法
質疑応答とレポートによって評価する.
教科書
なし
参考書
講義で適宜紹介する.
履修上の注意
質疑応答に参加すること
その他
特になし