大学院
HOME 大学院 感情と社会:社会学的、人類学的探求
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

感情と社会:社会学的、人類学的探求

感情の社会学
ハンブルク大学教授のジクハルト・ネッケル博士(Prof. Dr. Sighard Neckel)をゲストスピーカーとして招聘し、社会学、人類学の観点から「感情」の分析を行う。講義は英語で行われる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21210042
GHS-XX6A01L3
感情と社会:社会学的、人類学的探求
出口 剛司
A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
英語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
1. Basics of a sociology of emotions 2. Sociology of shame / Status and shame 3. Shame and guilt in anthropology and sociology (with reference to Ruth Benedict) 4. Inferiority. From collective status to deficient individuality 5. Burnout - The social sufferings of exhaustion 6. Emotional capitalism: the emotionalization of economy, work, and organization 7. Concluding discussions
授業の方法
英語による講義形式
成績評価方法
レポート
教科書
授業中に指示する。
参考書
授業中に指示する。 差し当たり、ネッケル教授の著作(邦訳)をあげておくので、一読したうえで授業に出席するのが望ましい。『地位と羞恥ー社会的不平等の象徴的再生産』(岡原正幸訳、法政大学出版局)
履修上の注意
授業はゲストスピーカー(ジクハルト・ネッケル教授)による英語で実施される。