大学院
HOME 大学院 東アジア文学史論

東アジア文学史論

東アジア文学史論
漢字圏全体を見わたす文学史的展望のもとに、先秦から唐宋まで、士大夫階層を中核とする古典詩文がどのように成立し展開したのか、その特質を把握する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21192101
GHS-AS6A01L1
東アジア文学史論
齋藤 希史
S1 S2
水曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
赤門総合研究棟 赤門738
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
人文社会系研究科
授業計画
先秦から唐宋まで、文学史の展開を追いながら、その特質を理解する。教員による講義と学生による発表を交える。
授業の方法
講義および発表による。
成績評価方法
発表もしくはレポートによる。
教科書
プリントを用いる。
参考書
授業中に指示する。
履修上の注意
初回授業時に説明する。