学部後期課程
HOME 学部後期課程 価値と教育IV
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

価値と教育IV

2022年度の「価値と教育 III」に引き続き、「アリストテレスと現代の人格教育」をテーマに、以下の英語文献と日本語文献(教科書)を講読することで、英語文献と日本語文献を精確に読み、理解する能力を向上させるとともに、現代社会における人格教育に関する問題について、(他の人々とコミュニケーションをとりながら)批判的に考える力を身につけることを目標とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
09231303
FED-BT3102S1
価値と教育IV
片山 勝茂
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教育学部
授業計画
奇数回が対面、偶数回がオンライン授業の予定です。初回は対面で実施します。2回目以降、変更が生じた際には、ICT-LMSでお知らせします。 1.オリエンテーション 2.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 2.1 Historical Background 精読 3.クリスチャンソン「第1章 序論:アリストテレス的人格教育とは何か」前半 講読 4.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 2.2 Problem Statement and Conceptual Clarifications 精読 5.クリスチャンソン「第1章 序論:アリストテレス的人格教育とは何か」後半 講読 6.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 2.3 Overall Evaluative Goals 精読 7.クリスチャンソン「第2章 アリストテレス的人格教育をめぐる根深い神話」講読 8.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 3 Methodology 前半 精読 9.クリスチャンソン「第3章 アリストテレス的人格教育のための徳目の測定」講読 10.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 3 Methodology 後半 精読 11.クリスチャンソン「第4章 「フロネーシス」とアリストテレス的人格教育」講読 12.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 4.1 Findings From the Experimental Trial 精読 13.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 4.2 Findings From the Interviews and Pupil Journals 前半 精読 14.Knightly Virtues Enhancing Virtue Literacy Through Stories: 4.2 Findings From the Interviews and Pupil Journals 後半 精読 15.まとめ
授業の方法
文献講読を基本とする。英語文献については、訳読による精読と内容についてのディスカッションを行う。日本語文献については、報告者が概要と(疑問点や討論の論点を提示する)コメントを発表し、討論を行う。 対面とオンラインを隔週で組み合わせる予定。 授業で使用する教材やレジュメはICT-LMSやメールを通じて電子的に配布します。
成績評価方法
試験は行わない。毎回の授業で提出するコメントシートと期末レポート、ゼミでの報告および討論を合わせて総合的に評価する。期末レポートは「アリストテレスと現代の人格教育」をテーマに2,000字程度で論じたものとする予定である。
教科書
Jubilee Centre for Character and Virtues (2014) Knightly Virtues: Enhancing Virtue Literacy Through Stories Research Report (Birmingham: Jubilee Centre for Character and Virtues). クリスチャン・クリスチャンソン(2018)『子どもを開花させるモラル教育―21世紀のアリストテレス的人格教育』中山理監訳(麗澤大学出版会)。
参考書
Jubilee Centre for Character and Virtues (2017) A Framework for Character Education in Schools (Birmingham: Jubilee Centre for Character and Virtues). アリストテレス(2002)『ニコマコス倫理学』 朴一功訳(京都大学学術出版会)。 片山勝茂(2017)「イギリスの道徳教育改革からみる日本の道徳『教科化』」明治図書「教育ZINE」https://www.meijitosho.co.jp/***** 酒井喜八郎(2019)「イギリス・ジュリビーセンターにおけるキャラクター教育の特質―わが国の社会科と道徳科の関連に示唆するもの」『南九州大学人間発達研究』第9巻。 その他、授業中に紹介する。
履修上の注意
2022年度の「価値と教育 III」を受講していない人も、受講を歓迎する。また、正当な理由があって欠席する人は配慮する。