学部後期課程
HOME 学部後期課程 司法・犯罪心理学
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

司法・犯罪心理学

司法・犯罪心理学
以下の事項について理解を深める。
(1)犯罪・非行、犯罪被害及び家事事件についての基本的知識
(2)司法・犯罪分野における問題に対して必要な心理に関する支援
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
09215409
FED-DS3404L1
司法・犯罪心理学
原田 隆之
A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教育学部
授業計画
第1回オリエンテーション,犯罪・非行心理学を学ぶ意義,犯罪・非行の概念 第2回刑事司法制度,刑事法(刑法,刑事訴訟法,刑事施設法等)の概要,各機関の活動(警察,刑事施設等) 第3回少年司法制度,少年法(少年法,少年院法,少年鑑別所法等)の概要,各機関の活動(家庭裁判所,少年鑑別所等),家事事件 第4回非行・犯罪の原因(1)犯罪原因論,パーソナリティ,環境 第5回非行・犯罪の原因(2)生物学的要因 第6回司法・犯罪分野における心理学アセスメント(リスクアセスメント,プロファイリング) 第7回司法・犯罪分野における心理学的支援(1)処遇プログラム,認知行動療法 第8回司法・犯罪分野における心理学的支援(2)被害者支援 第9回エビデンスに基づく司法・犯罪心理学の実践
授業の方法
講義(場合によってはオンライン講義)
成績評価方法
平常点、レポート、期末試験等をもとに総合的に評価する。 それぞれおよそ10点、20点、70点
教科書
入門犯罪心理学 原田隆之 ちくま新書
参考書
犯罪行動の心理学(Bonta & Andrews、原田隆之訳)北大路書房
履修上の注意
事前に教科書を熟読のうえ、講義に臨んでください。