学部後期課程
HOME 学部後期課程 高度教養特殊講義(こころの総合人間科学概論)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

高度教養特殊講義(こころの総合人間科学概論)

こころの総合人間科学概論:東大のこころの科学を俯瞰する
ヒトや他の動物の行動や心理、神経活動、そしてこころの健康については、東京大学内の各学部・研究科において、多様なアプローチで教育と研究が行われている。欧米の大学では、心理学部あるいは認知神経科学部といったまとまったユニットで行われる教育が、東大に限らず我国では分散して行われているのが実情である。そこで、この講義では、学内の「部局の壁」を低くし、東大のこころの科学(神経科学、心理学、認知科学、発達精神医学、実験社会科学など)の全体像と最前線を俯瞰できるようなオムニバス形式の講義を提供する。この講義を通じて受講者は、こころの多様性と適応について理解し、こころの健康に関する広い知見を学ぶことができる。なお、2019年度とは講師陣が異なるため、2019年度に履修した学生も単位が認定される。2018年度に履修した学生は単位が認定されない。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08X400101
FAS-XA4D01L1
高度教養特殊講義(こころの総合人間科学概論)
岡ノ谷 一夫
A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
初回のイントロダクションのあと、こころの総合人間科学を次の4領域に関して様々な部局に所属する教員が講義を担当する: a)神経科学・生物心理学、b) 実験心理学・認知科学、c) 社会心理学・実験社会科学、d) 教育臨床心理学・発達精神医学。 (参考)2019年度の講師陣 明地洋典 UTIDAHM 初回説明、こころの多様性と適応 岡ノ谷一夫 教養学部 行動学入門 今水寛 文学部 認知機能と脳のネットワーク 鈴木郁夫 理学部 脳の進化学入門 能智正博 教育学部 「障害」をもつ人の心理と心理職の支援のかたち 植松朗 理学部 情動記憶の神経科学 神出誠一郎 医学部 精神医学入門 岡田猛 教育学部 アートの触発と創造 公開講座「人間研究のための基礎知識」 西大輔 医学部 精神健康と生活習慣 成瀬剛 法学部 刑事裁判と感情 井上彰 教養学部 実験政治哲学入門
授業の方法
計13名の教員によるオムニバス授業。 講義のあとに5分程度の質疑応答時間を設ける。
成績評価方法
毎回、ミニレポートを提出。
教科書
指定なし
参考書
指定なし
履修上の注意
なし
その他
本科目は、東京大学学部横断型教育プログラム「こころの総合人間科学」(PHISEM)の選択必修科目です。詳細についてはウェブサイトをご覧ください。 PHISEMについては、4月9日(木)15:20頃から駒場Iキャンパス(教室未定・決まり次第ウェブサイト等でお知らせ)にて説明会(30分程度)を予定しています。ご興味のある方はご参加ください。