学部後期課程
HOME 学部後期課程 地域文化研究高度教養(総合)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

地域文化研究高度教養(総合)

文献講読リレー講義
地域文化研究において重要な文献をとりあげて解説し、受講者とともに討論を行う。それを通じて地域文化研究の方法や研究の現状、広がりを把握し、課題を考えていく。
この講義は、地域文化研究分科各コースの教員のうち、4名がリレー方式で担当する。したがって、特定の地域に偏重することなく、かつ歴史・文学・思想・芸術・政治・経済・社会などの諸問題について、それぞれのディシプリンの立場から論じられることになる。地域文化研究の多様なアプローチに触れることのできる講義であり、地域文化研究分科の学生はできるだけ聴講することが望ましい。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08X000201
FAS-XA4A02L1
地域文化研究高度教養(総合)
山口 輝臣
S1 S2
火曜1限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
初回の授業では、読むべき文献の内容と、授業の具体的なスケジュールの説明をする。また、各回において、文献の内容要約等の報告を担当する受講者を決定する。第2回以降の授業では、地域文化研究分科の教員の中から計4名がそれぞれ3回ずつ講義を受け持つ。それぞれが担当する回では、各教員が地域文化研究において重要性を持つ文献をとりあげて授業を進める。担当教員は、高橋英海(イタリア地中海)、黛秋津(ロシア東欧)、橋川健竜(北アメリカ)、山口輝臣(アジア・日本)の4名である。 取りあげる文献は、以下を予定している。なお、テクストの入手方法については、1回目の授業のときに周知する。 第2回~第4回 高橋英海: ・エフレム Ephrem the Syrian. Select Poems ・ガザ―リー『迷いから救うもの』(al-Munqiḏ min al-ḍalāl) ・ガザ―リー『光の壁龕』(Miškāt al-anwār) 第5回~第7回 黛秋津: ・カリエール著、 坂野正高訳『外交談判法』(岩波文庫、1978年) ・高坂正堯『古典外交の成熟と崩壊 Ⅰ』(中公クラシックス、2012年) ・高坂正堯『古典外交の成熟と崩壊 Ⅱ』(中公クラシックス、2012年) 第8回~第10回 橋川健竜: ・中野耕太郎『戦争のるつぼ』(人文書院、2013年) ・紀平英作『ニュースクール』(岩波書店、2017年) ・森本あんり『反知性主義』(新潮社、2015年) 第11回~第13回 山口輝臣: ・鳥海靖『日本近代史講義』(東京大学出版会、1988年) ・坂野潤治『明治憲法体制の確立 富国強兵と民力休養』(東京大学出版会、1971年) ・伊藤隆『昭和初期政治研究』(東京大学出版会、1969年)
授業の方法
教員が指定しておいた文献について解説を加える。その上で、受講生が文献の内容要約、疑問点や意義などを提示し、これを受けて、受講生と教員とが討論、検討を行い、地域文化研究とのかかわりにおいてその文献についての理解を深めていく。
成績評価方法
通常の授業で担当した文献に関する報告やそれをめぐる討論への参加と、学期末のレポートによる。
教科書
各回において取上げ、受講者が読んでおくべき文献と範囲については最初の授業の際に指示する。
参考書
講義において適宜指示する。
履修上の注意
地域文化研究分科に進学した3年生は履修することが望ましい。