学部後期課程
HOME 学部後期課程 超域文化科学高度教養(言語科学への招待)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

超域文化科学高度教養(言語科学への招待)

言語研究をテーマとするリレー講義
学際言語科学コースの所属教員によるリレー講義。各教員が自身の研究領域に関連するトピックを取り上げ、言語学のさまざまな学問分野における基礎的な枠組や概念を解説する。対象言語や研究領域の異なるバラエティに富んだ一連の講義を受講することにより、言語研究の多様性を体感し、またそれぞれの分野における基礎的知識を習得することを目指す。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08X000102
FAS-XA4A01L1
超域文化科学高度教養(言語科学への招待)
渡邊 淳也
A1 A2
金曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
講義のスケジュールと各講義の教員、題目などについては、初回の授業の冒頭でガイダンスを行ない、受講者に通知する。
授業の方法
毎回、講義担当教員がそれぞれの専門分野に関係する一話完結の講義を行う。毎回、授業の最後に講義内容に基づいたミニレポートが課されるので、その場で回答し提出する。それをもとにディスカッションの時間が設けられる場合もある。
成績評価方法
- 毎回授業中に課すミニレポート - 期末レポート(各教員が出す課題のうち一つを選択)
教科書
教材は毎回各担当教員が準備する。
参考書
必要に応じて各教員が授業中に紹介・指示する。
履修上の注意
・学際言語科学コースに進学が内定した学生向けの授業(必修)であるが、言語研究に関心を持つ他分科・他学部の学生の履修も歓迎する。 ・2年生で学際言語科学コースに進学する予定の学生は必ず履修すること。また学際言語科学コースへの進学を検討中の学生もできるだけ受講することが望ましい。 ・初回の授業の冒頭でガイダンスを行なうので、必ず出席すること。