学部後期課程
HOME 学部後期課程 社会・環境・健康と東アジアIII(4)
過去(2022年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

社会・環境・健康と東アジアIII(4)

スピノザ研究──エチエンヌ・バリバールのスピノザ論を読む
Etienne Balibar, "Spinoza le politique -- Le transindividuel" (PUF, 2019)に収録された論文、"Philosophies du transindividuel: Spinoza, Marx, Freud"を読んでいく。
英訳も用いるので、フランス語が読めなくても履修は可能である。
特に前提知識は必要ない。スピノザを学びたいという初学者も歓迎する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08F151604
FAS-FA4F16L1
社会・環境・健康と東アジアIII(4)
國分 功一郎
A1 A2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
上記の通り。
授業の方法
読解。発表。議論。
成績評価方法
授業内の発表。
教科書
Etienne Balibar, "Spinoza le politique -- Le transindividuel" (PUF, 2019) Etienne Balibar, "Spinoza, the Transindividual"(translated by Mark G. E. Kelly, Edinburgh UP, 2020) コピーを配付する。
参考書
スピノザ、『エチカ』、岩波文庫。 スピノザ、『神学・政治論』、光文社古典新訳文庫。 スピノザ、『国家論』、岩波文庫。
履修上の注意
フランス語が出来ない人はとりあえず第一回に参加して相談のこと。