学部後期課程
HOME 学部後期課程 世界文学と東アジアI(10)
過去(2022年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

世界文学と東アジアI(10)

What Is Literature?
Discussions over the past several decades on the modern concept of “literature” have partly rendered what may appear natural and distinct problematic. Cultural-historical studies, for example, tell us that before nineteenth-century what is understood as “literature” in the present-day, i.e., the fictional, was never recognized as an independent entity. Despite all sorts of archival investigation (if not reduction), still, the very experience of reading literature has been constitutive of the way of life of the moderns. How to come to terms with this experience? What is to be expected from reading literature? Instead of trying to sort out an ontological determination of “literature” per se, this course will read some key texts of Terry Eagleton, Maurice Blanchot, Michel Foucault, Jean-Paul Sartre, Eric Auerbach, and so forth, aiming at a “cognitive mapping” (Fredric Jameson) of the experience of literature in our life.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08F151110
FAS-FA4F11L3
世界文学と東アジアI(10)
王 欽
A1 A2
金曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
See the schedule listed in LMS.
授業の方法
Lecture & Discussion
成績評価方法
Final paper
教科書
特になし
参考書
特になし
履修上の注意
英語で教えること。 一回目から対面で行うこと。オンライン同時配信は原則上やらない。