学部後期課程
HOME 学部後期課程 世界哲学と東アジアIII(5)
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

世界哲学と東アジアIII(5)

リオタールの倫理・宗教的テクストを読む
この授業では、ジャン=フランソワ・リオタール(1924-98)の倫理・宗教的テクストを読む。

哲学者本人が公にしていたように、若きリオタールのDES論文(現在の修士論文相当)は「倫理的観念としての無関心(L'indifférence comme notion éthique)」(1947)というものであった。その後もリオタールのテクストにおいて、倫理・宗教をめぐる問題は定期的に回帰してくる。本授業は、『ポストモダンの条件』(1979)などで知られるリオタールのテクストのなかでも、この倫理・宗教をめぐる問いに着目するものである。

リオタールが倫理・宗教について論じたテクストとしては、『異教入門』(1977)や、未完の草稿である『アウグスティヌスの告白』(1998)、『レヴィナスの論理』(2015)などが挙げられる。これに加えて、場合によっては『文の抗争』(1983)をはじめとする言語哲学的な著作をそこに含めることもできよう。

この授業では、教員が数回の講義を行なったのち、分担してリオタールのテクストをじっさいに読んでみる。授業の前半では日本語訳のあるものを数回に分けて読み、後半ではおもにフランス語の未邦訳文献を読む。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08F150705
FAS-FA4F07L1
世界哲学と東アジアIII(5)
星野 太
S1 S2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
第01回 イントロダクション 第02回 講義:リオタールの倫理・宗教論(1) 第03回 講義:リオタールの倫理・宗教論(2) 第04回 リオタールの倫理・宗教論を読む(1) 第05回 リオタールの倫理・宗教論を読む(2) 第06回 リオタールの倫理・宗教論を読む(3) 第07回 リオタールの倫理・宗教論を読む(4) 第08回 リオタールの倫理・宗教論を読む(5) 第09回 リオタールの倫理・宗教論を読む(6) 第10回 リオタールの倫理・宗教論を読む(7) 第11回 リオタールの倫理・宗教論を読む(8) 第12回 リオタールの倫理・宗教論を読む(9) 第13回 授業のまとめ
授業の方法
講義、講読、発表、討議。
成績評価方法
講読、発表、討議への貢献を総合的に評価する。 受講者の人数によっては期末レポートを課す可能性がある。
教科書
なし。講読するテクストは教員が用意する。
参考書
授業中に指示する。
履修上の注意
履修者がフランス語の初等文法を身につけていることを前提に授業を行なう。
その他
この授業は原則的にすべて対面で行なう。 ただし、学部の方針に従い、初回のみオンラインで行なう。 詳細についてはLMSに掲示するアナウンスを確認すること。