学部後期課程
HOME 学部後期課程 行動適応論
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

行動適応論

健康・医療心理学
主に次の内容について講義する。
・ストレスと心身の疾病との関係
・医療現場における心理社会的課題及び必要な支援
・保健活動が行われている現場における心理社会的課題及び必要な支援
・災害時等に必要な心理に関する支援
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08E1311
FAS-EA4E11L1
行動適応論
石垣 琢麿
A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
次の内容について解説する。 ・ストレスとストレス反応(ストレス科学) ・ストレス反応としての心身の異常(心身医学) ・医療と保健活動における心理学の役割(臨床心理学と健康心理学) ・災害時の心理的問題(災害心理学)
授業の方法
講義形式。スライドやビデオなどで適宜補足する。講義は日本語のみで行う。
成績評価方法
期末試験による。
教科書
丹野義彦・石垣琢麿・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子著:臨床心理学.有斐閣.2015年
参考書
参考書は授業中に適宜指示する。
履修上の注意
該当するテキストの箇所を事前に読んでおくことが望ましい。